旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年7月の観劇予定 | トップページ | 初日ラッシュ »

『SHIROH』

ゲキ×シネ 『SHIROH』  新宿バルト9

作:中島かずき
演出:いのうえひでのり
音楽:岡崎司

出演:中川晃教・上川隆也・高橋由美子・杏子・大塚ちひろ・高田聖子・橋本じゅん
植本 潤・粟根まこと・吉野圭吾・泉見洋平・池田成志・秋山菜津子・江守 徹 他

『二人のSHIROHが出会うとき、三万七千人の叫びは神の歌となる。』

大音響・大スクリーンで見たいので、またゲキシネに行って来ました。
久々に観ましたが、やはり良い作品は良い!

何故再演をしないのか?東宝が再演する気が無いなら、別プロダクションで再演とか出来ないのか。
(いつまでも同じ演目・同じ出演者ばかりの東宝さんには期待出来ません。)
オリジナルミュージカルが全く育たない日本の演劇界で、宝といえる演目を埋もれさせて良いものか?
赤坂ACTあたり、どうもピント外した企画ばかりなので、いのうえさん芸術監督にして、『SHIROH』や『メタルマクベス』とか景気良く上演すれば良いのに。あ、渋谷に新しい劇場の企画があったっけ?そこの杮落としでいかがでしょうか?
ただ『SHIROH』は再演するとしたら、2人のSHIROHは役者さん変わるでしょうね…。
今のアッキーは芝居にも歌にも、変な癖がついちゃって…。
シロー役に要求されるのは、圧倒的な歌と素直な芝居で、演技の上手さは四郎様役が担えば良い。でも人選難しい…。

江守さん演じる松平伊豆守役、あちこちのBLOGであの人はどうだ意見が出てますが、いっそ松本幸四郎さんはいかがでしょうか?(歌えるし)
『阿修羅城の瞳』の時に、若かったら出門がやりたかったとおっしゃったとか(笑)

何度も書いてますが、楽曲の美しさ、物語の圧巻ももちろん素晴らしいのですが、私は場面と場面の繋ぎが凄く好きなのですよね。演出の妙が。
特に好きなのは、一幕の終わり辺りの「四郎立つ」→「牢屋」の流れです。
一幕ラストで戦いの場面の合間に、照明が真っ赤になって、松平伊豆守の場面になるのも格好良いです。
物語にも泣けるのですが、演出の格好良さにも涙が…。

しかし上川さんは神が降臨したような演技だ。凄すぎる…。

日本中の演劇ファンが待ち望んでいる(と言っても言いすぎではない)再演はいつ?

« 2008年7月の観劇予定 | トップページ | 初日ラッシュ »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/22080282

この記事へのトラックバック一覧です: 『SHIROH』:

« 2008年7月の観劇予定 | トップページ | 初日ラッシュ »