リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« マサラキッチン | トップページ | 『五右衛門ロック』CD発売 »

七月大歌舞伎 昼の部

七月大歌舞伎 昼の部  1階前方より

義経千本桜 
 鳥居前
 吉野山
 川連法眼館

久し振りの歌舞伎座。
今月は朝が11:30開始。終演は3:15。休憩は35分×2回というスケジュール。
これだけ時間に余裕があるなら、花矢倉まで上演して欲しかったなぁ。

海老蔵さんが忠信編を通す奮闘公演ですが、まぁ力の入り方が半端では無い。
見ている客もぐったりです。
『四の切』は、ちょっと失笑してしまったのですが、あの頑張りで許せてしまうというか。
とはいえ海老蔵さんは、猿之助歌舞伎お好きなら、もっと違うものを上演して欲しいなぁ。
(そして亀治郎さんにいつか『黒塚』を…。)

「鳥居前」
これが一番おもしろかった。
海老蔵の第一声が、父團十郎にそっくり!
それにしても元気すぎる海老蔵…。

「吉野山」
博多座で見たなぁ、と僅かな記憶を探る。
舞台下手に川が流れ、舞台上から静御前登場。
博多の時は赤姫では無かった記憶が…?筋書きが見つからなく確認出来ない。

何がどうピンと来ないのか、上手く説明できないのだが、博多座で見た時はワクワクしたのだが、今回はどうもダメだった。

狐を操る裃後見は弘太郎さん?あの演出は好きなのですが。

「川連法眼館」
改めて澤瀉屋型の『四の切』は難しいと痛感。海老蔵さんは大健闘なのですが。
散々ミニ猿之助と言われた、右近さんの忠信が、今や見たくて見たくて仕方が無い。
2005年7月は国立の歌舞伎鑑賞教室で、右近さんが忠信を演じた。また上演しないかなぁ…。

狐に早替りする場面も、準備しているが判ってしまうし、僧兵との立ち廻りは吹き替えの方の顔がバッチリ見えるし。

それでも意気込みは本当に素晴らしい。
宙乗りでは、あんなに元気な狐ははじめて見た(笑)
千秋楽まで頑張ってください。

« マサラキッチン | トップページ | 『五右衛門ロック』CD発売 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

久々、歌舞伎座にいかれたんですね~。
今回の舞台は、座頭になる玉三郎さん色が、いっぱいだったような気がします。
「四の切」も演舞場の上演時と違って「猿之助」の文字がきえちゃったねえ。と知人と話しておりました。

harumichinさん、こんばんは。
今月は昼夜両方とも行きますよ~。

海老蔵さん、猿之助さんの歌舞伎を愛してくれるのは、ほんっと嬉しいのです。
でも合う役がもっとたくさんあると思うのですが。

それでも見に行ってしまう私です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/22484928

この記事へのトラックバック一覧です: 七月大歌舞伎 昼の部 :

« マサラキッチン | トップページ | 『五右衛門ロック』CD発売 »