旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 劇場☆新感線 「踊れ! いんど屋敷」 その1 | トップページ | リゾートに行ってきた 1 »

劇場☆新感線 「踊れ! いんど屋敷」 その2

「古田新太之丞・東海道五十三次地獄旅~踊れ! いんど屋敷」

ビデオ見返しました。
しょーもなさすぎー!でもめちゃおもしろいー!

筋はほぼ無いようなものですが、それでもグダグダには全くなっていない。
飽きるところなしで、次から次へとおもしろい場面の満載。

あらすじ:
世直し天狗こと古田新太之丞。からくり戯衛門・ふぃっとねす小僧半次と共に、義賊を気取り盗みを働く。
しかしある日盗んだ千両箱の中には、密書が!
裏家業を知らぬ相手より、密書の奪還を依頼された新太之丞。新太之丞一行を追う、怪しい人達。
彼らの旅の行方は?

何といってもまずは古田新太之丞の登場シーン。
古田さんのむちむち色白のヌード!そしてその股間には真っ赤な天狗!
その姿のまま、歌いながらの立ち回り。おかしすぎる…。

あれだけ出演者多くて、各キャラに過不足無く見せ場があって、改めておもしろい芝居だったと再認識。
とはいえもう今では上演は難しいでしょうね。
何せパロディ満載。一曲目からWest Side Storyだし。あの完璧すぎる必殺パロとか素晴らしすぎる。

公演中はゲストが登場する回もありました。
私は染五郎さんが出た日をたまたま見ましたよ!当時放送していたCMを、一幕の終わりでやってくれたような記憶が。

五右衛門ロック、何であんな変にヒューマニズムな脚本なんだろう…。
しかもその部分の底が浅くて、芝居全体が安っぽくなっている。
散りばめられたネタはおもしろのだけどねぇぇぇぇ。
でもまた見に行きます(笑)

« 劇場☆新感線 「踊れ! いんど屋敷」 その1 | トップページ | リゾートに行ってきた 1 »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/22211144

この記事へのトラックバック一覧です: 劇場☆新感線 「踊れ! いんど屋敷」 その2:

« 劇場☆新感線 「踊れ! いんど屋敷」 その1 | トップページ | リゾートに行ってきた 1 »