旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« ミス・サイゴン 7/24 続き | トップページ | 五右衛門ロック »

デュエット(DUET)

『デュエット(DUET)~They're playing our song』
2008年7月25日(金)14時 シアタークリエ 6列上手

初日に見て非常におもしろかったので、再観劇。
音楽良いし、楽しいし、充分満足しているのですが。
再観劇して、実はちょっとテンション下がりました。何故?

遊びの部分が初日よりかなり増えていて、却って間延びしている。
どうにも初日の時のような、心浮き立つ、ワクワクした思いが薄くなっていた。

初日観劇のレポにも少し書いたが、もっと会話の部分が大人で洒落ていた印象の芝居だったが、その良い部分が損なわれている。
私が年を取ったからとも思ったが、二度目で確信。笑いが起こるのは、会話以外のアドリブの部分。せっかくの脚本の良さは?元の脚本をかなりカットしている?
絶妙な大人の洒落たやり取りが楽しめないと、ただの我侭な大人の、自分勝手な恋愛話になってしまうよー。

初日の方がかっちり上演していた分、おもしろかった。
「五右衛門ロック」も13日は、開幕して一週間、舞台もいい感じに練れてきたが、23日は馴れすぎていまひとつだった。

『デュエット』については、音楽の良さ、歌の良さ、二幕の2人は断然再観劇の方が良かったのですが。
せっかくのニール・サイモン、もっと台詞を堪能したかった。

そんな訳で『デュエット』の観劇は、この日が最後です。
小品で小粋なミュージカル、もっと上演して欲しいなぁ。お客を呼ぶのに苦戦しているのは、どこの劇場も一緒だし。(コクーンの蜷川さんも今月は大苦戦。新感線はコマ一ヶ月超満員、一人勝ち状態。あ、今月は歌舞伎座も超満員。)

シアター・クリエ、この日は平日マチネということもあり、ロビーもそこまで混雑しておらず、余りストレスは感じなかった。
劇場のスタッフさんの対応は、いつ来ても気持ち良い。劇場構造は色々言われてるが、スタッフさん達の対応は素晴らしいと思う。

« ミス・サイゴン 7/24 続き | トップページ | 五右衛門ロック »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/22574872

この記事へのトラックバック一覧です: デュエット(DUET):

« ミス・サイゴン 7/24 続き | トップページ | 五右衛門ロック »