リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« ミス・サイゴン トークショウ付き | トップページ | デュエット(DUET) »

ミス・サイゴン 7/24 続き

ミス・サイゴン Sai0724
2008年7月24日(木)ソワレ 

本編の印象を簡単に。

この日は井上クリスと岡ジョンの並びに、まず惹き付けられた。
スタイルが良いって、強みだ。

特に井上クリス良いね!二幕でエレンに告白する場面が、心に迫った。
クリスがキムを救いたいというのは、傲慢でもある訳で。
アメリス人のクリスが優位に立っているからこその発想で。

それを自分で気が付いたからの、エレンの前での慟哭。
そんなことを井上くんの演技から感じた。

隣の席が、いかにも初めて見たという雰囲気の初老のご夫婦二組。
奥様達は井上くんが非常にお気に入りだった模様。終演後のトークショウも楽しく聞いていた。

そして2004年に一番衝撃を受けた、泉見トゥイ。
もう日本版トゥイ殿堂入りで良いです。素晴らしすぎです。
キムを追い詰める場面、トゥイに泣けた。

幼馴染の愛する女性が、敵国の男の子供を産んだなんて、発狂しそうだろうな。

知念キムは可憐で、まさに蓮の花。
特に二幕が、前回より良かったなぁ。

今回ようやく一階後方から観劇。
セットや照明が良く見えた。アンサンブルの位置など、本当に良く出来ているなぁ。
セットについては、もちろん素晴らしいのだが、これは前から言っている通り、視覚効果という点では、日本の

伝統芸能の方が、遥かに美しい舞台セットを作っていると思う。
歌舞伎に影響を受けた、演出家の舞台は美しい。

もちろんサイゴンは凄い舞台ですよ。

« ミス・サイゴン トークショウ付き | トップページ | デュエット(DUET) »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/22551934

この記事へのトラックバック一覧です: ミス・サイゴン 7/24 続き:

« ミス・サイゴン トークショウ付き | トップページ | デュエット(DUET) »