旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ジュリアス・シーザー | トップページ | かもめ »

相変わらずの赤坂ACTシアター

4月の「トゥーランドット」以来の、赤坂ACTシアターに行ってきました。
いや、もう相変わらずで。

スタッフ陣はさすがにオープン当初よりは良くなっているけど、前回より集客が良い為かロビーの混雑がとんでもないことに。
1,324席にあの狭いロビーはひどい。せっかく劇場内のドリンク・フードに力を入れても、食べる所が無いのだから、無駄なだけという気が。

しかも終演後、前回は一階ブリッツ側の非常口を開放してたのに、今回は閉じたまま!
何で一階席の客が、わざわざ人混みの階段を昇って、出口に行かなければならないのか(怒)
芝居を楽しむ以前にストレスがたまる。

二度と来たくない劇場だが、来年のRENTの来日公演の会場がここなのですよね…。
他の演目は多少興味があっても、スルー予定なのだが、RENTだけは外せない。ああ、今から劇場変えてくれ…。

前回劇場までの行き方をBLOGに載せたら、友人に誉められたので、調子にのって再度載せます。

☆赤坂駅から案内版に沿って行くと、延々と階段を登る羽目に陥ります。
しかも劇場入り口は二階で、客席に行く為に、更に一階まで階段を下らなければならない。バリアフリーと逆行。
これから行く人は、赤坂駅を降りたら、Bizタワーへ入り、エスカレーターで二階に上がり、そこから劇場へ行くことをお勧めします。

劇場内はやや客席が狭いことを除けば、非常に見やすくて良い。それだけに劇場外でマイナスポイントが高すぎるのは、もったいない。

観劇した「かもめ」の感想は取り急ぎひとことだけ。
「かもめ」は事前の不安大当たり。あの戯曲にはやはり劇場がでかすぎ。麻実さんは素晴らしかった!残りはまた別途。

« ジュリアス・シーザー | トップページ | かもめ »

芝居・雑感」カテゴリの記事

コメント

今度の土曜日に赤坂ACTシアターデビューします。こちらで書いていただいた劇場への行き方をしっかりコピペして自分の携帯に送り、友人にも転送させていただくつもりです。
チェーホフは苦手なので戯曲を読んで予習中です。2回目に入ったら面白くなってしまって、帰宅の電車を乗り過ごしてしまいました(^^ゞ
さてどうなりますことやら、あまり期待しすぎずに観ることにします?!

ぴかちゅうさん、ご無沙汰しています!
いよいよACTシアターですか。気を付けていってきてください。
案内板に沿って進むと、階段ばかりのルートになります。
ロビーは狭くて食べる所は無いので、事前にお腹を満たしておくことをお勧めします。

行き方情報、大いに助かりました。そのことでこちらの記事を私の方でご紹介したのでのでTBさせていただきましたm(_ _)m
舞台は皆さんの評判がイマイチだったので、元をとろうと戯曲を2回読んで予習した効果があったのか、千穐楽で1階席を奮発したのがよかったのか、楽しめました。でも後方席だとつらい舞台だったかもしれないと思いました。
それと私もこの劇場はよほどの作品でない限り、敬遠決定です(^^ゞ

ぴかちゅうさん、こんにちは。
行き方情報、お役に立ってよかったです!
そしてわざわざウチのブログまで紹介頂き、ありがとうございます。
私も前方席だったので、役者さんの演技は堪能しました。
でもいかんせん題材が合わなかったです…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/21914092

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらずの赤坂ACTシアター:

» 08/07/12 赤坂ACTシアター「かもめ」千穐楽 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/m_0166/} 昔々NHKで劇団四季の「かもめ」の最後の最後の場面を見た。「私はかもめ」といううわごとのまじるニーナの長台詞くらいからだ。ニーナは誰か覚えていない。とレープレフは若き日の市村正親。暗い結末の芝居だなぁと避けて通ってきた。 舞台観劇は「桜の園」と「三人姉妹」。それ以降、チェーホフは苦手かなと敬遠。戯曲はちゃんと読んだことなし。 昨年、井上ひさしの「ロマンス」を観て、「かもめ」あたりからリベンジしてみようと決意。いいタイミングの上演だった。 {/hiyo_do/} 神西清訳の新潮文... [続きを読む]

« ジュリアス・シーザー | トップページ | かもめ »