リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« RENTキャスト発表 | トップページ | 本日のヤマトタケル »

スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』

スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』
3/6(木)夜の部 新橋演舞場
タケル・右近さん版(ヘタルベ・弘太郎くん、帝・猿弥さん)

@ぴあに美しい舞台写真が!

前回上演時にかなり見倒したので、今回は東京でタケルを2パターン見ればいいかくらいの、かるーい気持ちでおりました。

号泣、リピート及び遠征決定!

まず一幕右近さんのタケルが素晴らしくて泣き、他役者さんのグレードアップした芝居に泣き、そして何より猿之助さんの演出の凄まじさを改めて思い知り、感動で身震いした!(昔から見ているというのに。)

初演は1986年。今より20年以上も昔の演出というのに(マイナーチェンジはありますが、基本ラインは変わってません。)、全く古くなく、今でもこれだけのスペクタクル溢れた演出を超えられた作品はあるのでしょうか?いや、ありません。

本当に日本の演劇界の宝というべき作品です。「ミス・サイゴン」のセットが凄い凄いというけれど、演出効果・視覚効果からいったら、絶対スーパー歌舞伎の方が上だと思います。
はじめて熊襲の館の屋台崩しを見た時の驚愕、火の見せ方、走水の船と入水、その効果的でまた美しいこと!何十回見てもその手法の凄さに舌を巻きます。これ考えた猿之助さんは天才!

個人的に好きなのは、三幕のめでたいダンス(笑)の終盤に、バックに浮かび上がる鬼達のシルエットです。
これからのタケル一行の運命を暗示している不安と不気味さを、ただあの背景の鬼達の姿だけで表している。ああ、凄い。

踊りといえば、前回リピートしていたファンの間で話題だった、揃わないステップを踏む某さんがあの場面に出なくなってしまったのですが、今回はもう罰ゲームのようなレベルバラバラな、タケルの家来達4人のダンスが見所(笑)。いや、ごめんなさい。でも猿四郎さんをあの場面に出してのは大失敗だよ~。一人だけ踊りが上手すぎて他の三人が…(汗)

次回は段ちゃんタケル、楽しみだ!
取り急ぎ簡易報告です。とにかく迷ってる人はすぐに演舞場へGO!
日本の演劇を愛する人なら、これは絶対見なければいけない、世界に誇れる舞台です!

それにしても猿弥さん、三役お疲れ様です。四ヶ月間、ホント頑張ってください。博多も名古屋もいっちゃうぞ。

« RENTキャスト発表 | トップページ | 本日のヤマトタケル »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

うわぁ!花梨さんのこのレポ読んだだけで体が震えました。
スーパー歌舞伎観るのはすごく久しぶりなんです。
楽しみで5月が待ちきれなーい!!
> 博多も名古屋もいっちゃうぞ。
大阪は?
ぜひいらしてくださいね~(笑)。

スキップさん、こんばんは。早速のコメント、ありがとうございます。
大阪も行きたいのですよ。でも5月は海外旅行も企み中なので、日程的にも金銭的にも厳しくて…。
大阪を飛ばしてしまって、申し訳ないです!

花梨さん、ご無沙汰しております。
私もまず1回目、観て来ました!
もう、オープニングからぞくぞくしてました!
そして右近さんのタケルが羽ばたく姿が、この上なく素晴らしく目に映り、何度も涙出そうになりました。
他、書きたいことはあれど、テンション上がってまとめられません…。。。
私も、各地遠征「行っちゃいます」!

こんばんは。お久し振りです。
っていうか、私のゆきのさんのブログ、先ほど読んでましたよ~!
ゆきのさんもテンション高いけど、私も高いです。
ブログのtopの説明文変えてしまいましたよ。
(ホントはテンプレートもタケル的にしたかったのですが、良いのが無かった。)

右近タケルめちゃめちゃ良かったですよね!
右近さん・段治郎さん、お二人のタケルを観劇しましたが、お二人とも前回より全然素晴らしい!
もう東京だけのつもりだったのに、先ほど博多のチケットとホテル手配しちゃいました。
皆で日本全国タケル応援ツアー敢行しましょう!

花梨様、まいど!
オープニングの雅楽の音楽で
涙がジワリぃぃ。
お帰りなさい!ヤマトタケル~~。

パワー全開で手に汗握りましたっっ。
また行きますぅぅ。
本当は3年前みたいに、東京で二ヶ月間やって欲しかったけど(笑)

猿之助の3S3S<Speed Story Spectacle>
を体感しなくちゃ、人生損してるよね。

みんな劇場へ急げっっ!

かしまし娘さん、こんばんは。
何なのでしょうね、ヤマトタケル観劇した人、みな異常にテンション高いですよ。
ホントにこの芝居を体感しないと、人生損します!

私はとりあえず右近さん、段治郎さん、両方見ましたけど、二人ともスバラシイ!
前回上演時より、かなりグレードアップしたタケルで、まずそこに感動しました。
これだけお客さんが熱狂しているのだから、きっと演舞場側も二ヶ月上演すれば良かったと、思っているかもしれませんね(笑)

とりあえず博多座、いってきまーす!

ようやく「ヤマトタケル」観てきました。今回初めて猿之助主演時代の長いバージョンを観ることができました。やはり台詞を刈り込んでいない分、深く味わえたように思いました。今回こそ右近バージョンも観たかったのですが、記録映画「歌舞伎役者 十三代目片岡仁左衛門」6本制覇を優先させた関係で段治郎バージョンのみとなってしまいました。次回の演舞場公演を待つことにします。
タッキー演舞場が根付いてますねぇ。やはりジャニーズ公演はチケット即日完売で劇場にとってラクに収益が上がるんでしょうね。帝劇も何ヶ月もジャニーズ占拠だし。
花梨さんさんの博多座等のレポ、楽しみにしています(^O^)/

ぴかちゅうさん、こんばんは。
初演はもっともっと長かったのですよ!細かい所はさすがに記憶がありませんが、
兄姫とワカタケルが瀕死のタケルに会う場面や、みやず姫の女の子の日台詞や、
カットされた場面や台詞が、もっともっとありました。
そして兄姫と弟姫は、児太郎さん(福助さん)が早変わりで演じていて、
一幕はダブル早変わりが繰り広げられました。記憶にミスがあった済みません。

音楽は前回から加藤さん版ですが、私はその前の方が好きです。
立ち回りも、中国の方が入る前のバージョンの方が好きした。

花梨さま!
やっと大阪松竹座にタケルがやって来ました。
背中に電流が走るくらい感動して泣いて、カーテンコールで
猿之助さんにもお目にかかれて、さらに大泣きでした。
観た後で花梨さんのこのレポを改めて読み返して
ほんとにほんとに同意!!です。
猿之助さん天才!役者さんたちも皆すばらしく
「日本の演劇界の宝」という花梨さんの言葉が
まぎれもなく真実であることをこの目でこの耳で
感じ取りました。
後半に右近タケルを観る予定なのですが、あと1回で
ガマンできるのかちょっぴり自信ないです(笑)。

スキップさん、こちらにもコメントありがとうございます!
今回BW行って痛感しましたよ。「ヤマトタケル」は世界に誇れる、日本の演劇界の宝だって。
タケルに限らず、日本の演劇の舞台美術の美しさは、やはり突出していると思います。
それにしても初日には猿之助さん登場とは!
羨ましいーっっっ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/11065266

この記事へのトラックバック一覧です: スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』:

» 08/03/22 スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」! [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
{/star/} 前回のスーパー歌舞伎「ヤマトタケル」の感想はこちら 今回、私が観た公演の主な配役は以下の通り。 小碓命後にヤマトタケル/大碓命(ダブルキャスト):段治郎で タケヒコ(ダブルキャスト):右近で ヘタルベ(ダブルキャスト):猿紫で 兄橘姫/みやず姫:笑也 倭姫/帝の使者:笑三郎 弟橘姫:春猿 老大臣/尾張の国造の妻:寿猿 ヤイラム/伊吹山の山神:猿弥 皇后/伊吹山の姥神:門之助 帝(ダブルキャスト):猿弥で {/kirakira/} 3年ぶりに「ヤマトタケル」が演舞場に帰ってきた。ダブ... [続きを読む]

» スーパー歌舞伎『ヤマトタケル』 段治郎天翔ける之記 [地獄ごくらくdiary]
「猿之助さんのいないスーパー歌舞伎なんて・・・」と、スーパー歌舞伎からかなり遠ざかっていたため、『ヤマトタケル』を観るのは、初演(多分1986年の南座)以来でした。 右近さんタケルと段治郎さんタケルの2回(で済めばよいが)観るから、まずは全体を見渡せる席で、そ..... [続きを読む]

« RENTキャスト発表 | トップページ | 本日のヤマトタケル »