旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« nine感想 その1 | トップページ | RENTキャスト発表 »

nine感想 その2

帰国してから色々検索したのですが、韓国では「nine」の評判は余り良くないようですね。かなり良かったと私は思うのてずが…。
日本で上演された時は、客入りはまぁまぁでしたが、評価はメチャメチャ高かったミュージカルなのにもったいないなぁ。

LGアートセンターで謎だったこと。
29日ソワレ、休憩中にロビーでフリードリンクでコーヒーやジュースが置いてあったのですね。休憩にコーヒーを飲みたい私としては、とてもありがたかったです。
ところが30日ソワレはフリードリンクなんてものは無かった!謎すぎる…。
29日ソワレは団体でも入っていたのかしら?

30日ソワレは休憩中にロビーに長机が置かれ、その上に有料ですがドリンクがずらーっと置かれてました。
これなら短い休憩時間に、並ばず飲み物が買えますね。良いアイデアだ。

あ、29日は劇場後方にカメラが入ってました。どこで放映されるのだろう…。

キャストの印象は、グイード、ルイザがとにかく上手いのですが、「nine」の魅力はグイードを取り巻く多彩な女性陣なので、各キャラクターの個性がいまひとつ弱かったのが残念。皆さん綺麗で上手いのですが。コーラスとか、とても綺麗。

ファン・ジョンミンさんはさすがでした。後半の破綻に向う演技は圧巻。
ただこれは本当に私の好みなのですが、もう少しグイードにはへたれ感というか、不安定感が欲しいのです。(仕事も女関係も無難にこなしそうでした。)
上手すぎて、その辺りの面白みが味わえないのが、私的には残念。あと顔が好みじゃなかった(汗・済みません…)
でも楽近いこともあり、完成度のめちゃめちゃ高いグイードでした。上手さからいったら、別所さんより上手かったと思います。

私が別所さんのグイードがめちゃめちゃ好きなのは、公演中に劇的な化け方をした所。初日近辺とは明らかに違うものになっていた。
芝居の楽しみ方は人それぞれですが、私はこういう舞台の揺れを目撃するのが好きなので、別所グイードどこまでいっちゃうの?的な楽しみがありました。
別所さんのグイードをもう一度見たいと切実に思うのは、生意気な言い方ですが、別所さん『nine』以降、役者として歌も芝居もぽーんと上にいったので、もう一度ルヴォーの演出を受けた姿が見たいのです。
これはもちろん私の贔屓故の楽しみ方ですが。

そういう意味では、若手のカン・ピルソクさんがユニークな存在でした。
私はバズーカ系の歌唱は好まない方ですが、ピルソクさんは低い声が甘くて、声量も豊かでありながら、歌に緩急がとてもついていて、あと何といっても顔が好みだった!(あはは、私、べっしーといい、甘い、柔らかいタイプに弱い。)

まぁ最前列、しかも彼の千秋楽の日の観劇というマジックにやられたのかもしれませんが。あ、タンゴのリードも素敵だったぞ。

グイードに関しては、女性陣の中の唯一の男性だから、どうしても自分にとって好みのタイプかどうかで、見方が変わってくるなぁ。

『nine』は一幕の後半がリリアン、ママ、サラギーナとベテラン女優さん三人の見せ場が続くのですが、改めて見ると日本版は女優さんが個性的で華やかだったな、と。
リリアンの女優さん、凄く上手くて好きでしたが、これはやはり初演の上月晃さん、リバイバルの大浦みずきさんを見ているので、出てくるだけでまさに大輪の花が咲いたような印象が欲しかったです。

カルラは金髪の鬘でモンローみたいな雰囲気。歌は池田さんより上手かったのですが、私は池田さんのカルラの「頭からっぽです」(誉めてます)の役作りがとても好きだったと思い知らさせました。池田さんのがエッチでしたしね。でも綺麗な女優さんでした。

リトル・グイードも二人とも見られました。29日の子はとても達者で歌も安定。日本の時は子役がいまいちだったので、嬉しかった。
ただ初日の子は背が伸びちゃったのかな?女優さん達と背の高さが変わらず、特に1階後方から見たこともあり、ビジュアル面で子供らしさが薄くなってたのが残念。
30日の子はパンフの写真が余り可愛くなかったのですが、実際見たら可愛かった。背も丁度良い感じで。上手いのは29日の子でしたが、身長って大事だわ~。

去年の『レ・ミゼラブル』に出てた、新井海人くんがリトル・グイードにぴったりなんですがね。可愛くて、ちょっと生意気な感じが。

韓国版を見て、グイードがダブルキャストというのもおもしろいと感じました。
私は別所ファンだから、別所グイードをもう一度見たいのですが、ダブルでまた違う俳優さんのグイードも見てみたいですね。
まだ若いけど、山本耕史くんとか、将来的にはグイード演じて欲しいなぁ。

とりあえず総体的な印象はここまで。帰国したら仕事山積みだったので、演出の細かい感想はまた別途書きます。

« nine感想 その1 | トップページ | RENTキャスト発表 »

芝居・海外ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

LGアートセンター,ふだんはフリードリンクはないです。ロビーの長机の有料ドリンクはいつも販売していますね。フルーツジュースが2種類、たいていキウイとストロベリー、だったような・・。ナイン、ダブルキャスト両方ご覧になったんですね!ピルソクさんもお気に召していただけて、なんだか嬉しいです。私も結構ピルソクさんお気に入りなんで・・。歌も素晴らしいですし、ちょっとユニークな芝居をするように思います。
ピルソクさん、次回作は「Dirty Rotten Scoundrels」です。ローレンス役で、今度もダブルキャスト。公演自体は3月中旬開始ですが、彼は4月中旬からの登板です。

花梨さん、お帰りなさい!
素敵な観劇旅行だったようですね。
感想を読ませていただいて、ますます観てみたくなりました。
日本でも再演してくれるといいなー。
とりあえず、サイゴンでの別所さんまであと4ヶ月!
頑張って耐え忍ぼうと思います(笑)。

saffyさん、色々教えて頂きありがとうございます!

ローレンスって、日本版では鹿賀さんの演じられた役ですよね?むむむ…。
かつてジーザスに出演したと聞き、かなり見たかったですよ。

休憩のキュウイジュースはとてもおいしそうでした。
長机に飲み物を置いて販売って、本当に良いアイデアと思います。
休憩中は何と言っても、スピート勝負ですし。29日のフリードリンクは何だったのだろう(笑)

恭穂さん、こんばんは。
本当に素敵な旅行でした。マッサージも毎日受けてました。
「nine」は素敵な作品なので、ぜひぜひ日本でも再演をして欲しいのですけどねぇ。
別所さんはサイゴンまで舞台の予定は無いのかなぁ…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/10952673

この記事へのトラックバック一覧です: nine感想 その2:

« nine感想 その1 | トップページ | RENTキャスト発表 »