旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の23件の記事

ちょっとお休み

昨年の秋から、風邪らしい風邪もひかず、元気に過ごしておりましたが、
ソウル行き目前で風邪ひいたー!
先週末、強風の中出掛けたのが悪かったのか?
酔っ払って、PCの前で爆睡したのが悪かったのか?←自業自得

…という訳でソウルから帰るまで、更新滞ると思います。
あうー、書きたいことは山とあるのにー。

『ナイン』観劇以外の予定も決めてないよ…トホホ。

「リトルプリンス」

音楽座ミュージカル「リトルプリンス」080222_ongaku
2/21日(金) 東京芸術劇場 中ホール 一階後方

原作:サン=テグジュペリ
脚本・演出:ワームホールプロジェクト
音楽:高田 浩、金子浩介、山口琇也
振付:上島雪夫
美術:朝倉 摂
出演:
王子 :  野田 久美子
飛行士 :  広田 勇二
花 :  秋本 みな子
キツネ  :  安中 淳也 他

かなり昔に『マドモアゼル・モーツァルト』を見て、とても良かった印象。
当時は何といっても土居さんが素晴らしかった。久し振りに音楽座を見てみたくなった。

まず幕開きの舞台の美しさに感動。
簡素なセットだが、広大な砂漠にちゃんと見える!(ジンギスカン見習ってくれ)

ただとにかく途中入場の人が多くて、しかも自分の席が通路に近かったとこもあり、どうにも集中力が途切れてしまい、世界に入り込むのに時間がかかった。

セットの動き、各キャラクターの印象的な登場の仕方、照明、物語の運び方、全てに唸らされた。
綺麗な音楽にのって、「星の王子様」の世界が、綺麗に展開されていく。
いや、良かったです。
花とのエピソード、キツネとの友情、そしてラスト!じーんとしました。

でも、何というか、若い頃に見たら、もっとハマれたんだろうな…。
音楽座が創り出す世界観が、もう決定的に私には合わなくなっている。
綺麗で良い舞台だなと思いながら、どこか芝居の世界にのめり込めなかった。

音楽も素敵だったりだけど、曲の終わりに拍手するのは、何か違うと思ってしまった。

赤坂ACTシアターで上演する「七つの人形の恋物語」は、ちょっと見たいのだけどね。

夜中に叫んだ、『じゅんさんっっっっ!』と

観劇続きで帰宅が遅い日々。でもソウル行きの為、観劇はここで打ち止めの予定。
本日も遅く帰宅し、ビール飲みつつ、『未来講師めぐる』鑑賞。
「サイゴンいついく?」などと、だらだら喋りながら、めぐるに笑いつつまったり。

だが、予告編で、まったりな空気は一点。
『じゅんさんっっっっ!』
ええ、思わずテレビの前に駆け寄ってしまい、己れの行動に大爆笑でしたよ。
夜中の12時に叫ぶなよ、近所迷惑だぞ。

前置きが長くなりました。
『未来講師めぐる』に橋本じゅんさん出演だ!→予告編

しかもめぐる(フカキョン)の運命を左右する叔父さんの役らしいぞ!
来週は見逃せない!って日本にいないじゃないか、自分。今から録画予約しとこう。

ミス・サイゴン アンサンブルスケジュール発表に

最近、伊藤園の天然美香ジャスミン茶を飲んでいる。
何故かというと、「ミニ蛍光マーカー」がついてくるのだ!
集めて、サイゴンのスケジュールにマーカーする為よ♪

と思ったら、アンサンブルさんのスケジュールも発表になっていた。
益々いつ行こうか混乱…。
お正月の誓い、月3回は守るぞ!

ミュージカル「ファントム」

ミュージカル「ファントム」
青山劇場 2/18(月)19:00~ 一階後方より観劇

作詞:Arthur Kopit  アーサー・コピット
作曲:Maury Yeston  モーリー・イェストン
上演台本・演出:鈴木勝秀

キャスト ファントム(エリック:オペラ座に住む怪人) :大沢たかお
ゲラール・キャリエール(オペラ座の前支配人,実はファントムの父):伊藤ヨタロウ 
クリスティーン・ダエー(オペラ歌手を目指す少女): 徳永えり
カルロッタ(新しいプリマドンナ、ショレの妻) :大西ユカリ
フィリップ・シャンドン伯爵(オペラ座のパトロン):ルカス・ペルマン / パク・トンハ

仮面を被り、地下で生きていかなければならない運命を背負い、苦渋に満ちた人生を送るファントムがクリスティーンと出会い、愛することを知り、亡霊から人間へと再生する、愛するが故の悲劇をドラマティックに描いたこの作品で、あなたはアンドリュー・ロイド・ウェーバー版では語られなかったもうひとつの「オペラ座の怪人」を知る!

モーリー・イェストンの作曲なのでチェックはしてましたが、キャストに惹かれず…。
ようやく行こうと決意したらチケットは完売!大沢たかお人気?驚いた。

以下、批判的な感想となります。「ファントム」に感動した方は、読まない方が無難です。

続きを読む "ミュージカル「ファントム」" »

行って来ます、ナイン THE MUSICAL

後押しありがとうございます。
行って来ます、ソウルへ『ナイン THE MUSICAL』観劇に!

マイレージで航空券も予約した!
チケットも無事確保した!
あ、ホテルの手配がまだだった。

ツアーでしか海外に行ったこともない、ヘタレな私が、
無事に帰国出来るよう、祈っててください。

先ほどファントム@青山劇場より帰宅~。相変わらずスズカツ演出の意図が不明。

ナイン THE MUSICAL

2007年11月12日(月)の記事で、韓国で『ナイン』が上演されると書きましたが、
今まさに上演されているのですよね…。

行きたい…見たい…ナイン、見たい…。
HPみたら、余計行きたくなった。→ナインHP(いきなり音が出るので要注意。)

私がよく読んでいる海外ミュージカルの感想を載せているブログさんの感想も上々。

行こうかな、マイレージあるし。
検索したら、マイルの空席あるし。

でもチケットってどうやって買うんだ?かなり検索したがわからーん!
いきなり劇場行って、買えるものなのか?
英語も韓国語も判らない私。早くも挫折モード。

誰かヘタれな私の背中を押してくれ~!行ったらパンフ土産にします。ベッシーチームの方々。

日本酒を頂きました♪

何故かバレンタインに、お知り合いの方から日本酒を頂きました。Sake01_2
いや、単なる土産なんですが。
週末になったので、ありがたく頂きました。
すでに半分ありません(汗)

今月の観劇予定、ちょっとだけ増えました。
それでも7本。頑張って減らしております。

『恋はコメディー』

『恋はコメディー』
ル・テアトル銀座 2/13(水)18:30~ 一階後方より観劇

作:マリア・パーコム
翻訳:芳野まい
脚本:岡本さとる
演出:加納幸和
出演:浅丘ルリ子、渡辺えり、石井一孝、風間俊介、秋吉久美子 

こちらも余り期待しないで行ったら、楽しかったよー♪
カズさんがアテ書き?というくらい、役がハマってました。

確かにやや古臭い感はありますが、ストレートに作ってあって、好感のもてる舞台でした。
ただ秋吉さんがなぁ…。出番少ないから、まぁ良いけど。
渡辺えりさんの演技力には脱帽。衣装が可愛かった。

再観劇しますので、今回はこの辺りで。
あ、会場に「Musical Duet」のちらしがありました!

ミス・サイゴン

080213 日生に「ミス・サイゴン」のキャストスケジュール表が置いてあった。
喜んで持って帰って、リビングのテーブルの上に置いて、お風呂に入ってたら、いつの間にかマーカーされていたよ…。驚いた…。

エンジニアは、別所さんかさとし。
キムは、玲奈ちゃんかソニン。
クリスは、藤岡くんか原田くん。
ジョンは、サカケン。
トゥイは、泉見くん。

と早くもリクエストが…。

「ウェディング・シンガー」

「ウェディングシンガー」 2/12(火)18時30分開演 1階後方で観劇

音楽 マシュー・スクラー
脚本 チャド・ベグリン/ティム・ハーリヒ
作詞 チャド・ベグリン   
演出 山田和也
出演 井上芳雄 上原多香子 大澄賢也 樹里咲穂 新納慎也 ちあきしん 徳垣友子 初風諄 鈴木綜馬

余り期待していませんでした(笑)
「ミー&マイガール」と同じ演出、井上くん主演で、「ミー&マイガール」が「無理してコメディしてる」感が拭えずだったので。
でも「ウェディングシンガー」はおもしろかった!期待以上!
今回客席降りがあると予想して、通路に近い席にしたのも大正解!
客席のノリも良くて、楽しかったです。

続きを読む "「ウェディング・シンガー」" »

ダメ大人の休日

昨日のイベント疲れか、すっかり本日は休憩モード。
今週は観劇予定がたてこんでいるので体力温存。

1月は突然『阿修羅城の瞳』@新感線が見たいモードでしたが、
本日は音楽ものが見たい!と思い立ち、『メタルマクベス』『SHIROH』と一気見。

たのしかったー!

赤坂ACTシアターのHPがリューアルされていたが、せっかく新しい劇場なのに、どうにもラインナップがそそられない!
『トゥーランドット』とか、どの辺りをターゲットにしているのだろう???
まぁ宮本亜門さんの某新作ミュージカルが、あそこまで不評の嵐になるとは予想外だったろうが、チケット、どのくらい売れているのだろう?(私も一部キャストには惹かれるが。)

『かもめ』も出来ればもう少し小さい劇場で見たかったし、『CHICAGO』もキャストがなぁ…。でもチケットは売れそう。

演劇ファンをワクワクさせる企画が必ずしも集客とは結びつかないだろうけど、せっかくの大劇場のオープンだし、もう少し心沸き立つ企画を考えて欲しいです。

それこそ『メタルマクベス』とか、『SHIROH』の再演とか。
もう東宝が『SHIROH』再演する気が無いなら、どっかが権利買い取って再演してくれ。

ええ、本日は昼からずっと飲んでました。ダメ大人すぎ、自分。

『五右衛門ロック』日程が出たぞ!

撃沈寸前…。何でこんなに疲れたのだろう?

でも、でも、『五右衛門ロック』の公式HPが大幅に更新しているのを発見!
詳細日程もupされているぞー!

劇団☆新感線公演 2008年夏
SHINKANSEN☆RX『五右衛門ロック』公式HP

某イベント出席

今日はとある用事で横浜方面へ。何かとても疲れてしまいました。
凄く楽しいイベントでした。会場のオープン前だし、そういう場所に入れるのも新鮮で、スタッフさんも一生懸命で、良いイベントでした。
でも、でも、舞台の話が全然聞けなかったのは、凄く残念だった(涙)
いや、10分、せめて3分、去年の舞台と今年の舞台の意気込みみたいなの、聞きたかったよ。ラジオの話もほぼ無しで、今の仕事を話が無いっていうのは、ちょっと盲目ファンでもがっかりだったぞ。

そんな傷心の私の心を癒してくれたのは、『ホレゆけ!スタア☆大作戦!』
私の見ているチャンネルは、本日が笹本玲奈・ピーターパン、古田新太・フック、ローリー・フックの日でした。

印象に残ったのは古田さんの話。

・ピーターパンのオーディションで、自分も審査員として出席したのだが、最終審査に残った中で、一番小さかった(小6)が、一番凄かった。(一人だけズバ抜けてて、もうこの子しかいない状態だった、といったニュアンスです。)

・ピーターパンの決めポーズが似合いすぎる。

・一回でいいから、玲奈ちゃんを(下北沢)スズナリの舞台に立たせたい。

私も見たいよ、古田さん。スズナリに立つ玲奈ちゃん!

西安・旅の思い出

Xian01 Xian02

週末は雪かぁ…。お出掛けするのが苦痛だ。雪かきもしなければいけないし。
今日はとあるストプレか、とあるミューの立ち見にチャレンジしたかったが、一週間の疲れがドっと出て、予定変更して買い物して帰宅。
ところで何かと話題の餃子。食べてきましたよ、西安で。餃子宴。おいしかったよー。
何と餃子ばかり18種類。焼き餃子からはじまり、様々な蒸し餃子、水餃子を経て、最後は鍋の真珠餃子。
さすがに6種類目くらいで飽きてきて、ありふれた水餃子が恋しくなった。
真珠餃子は鍋の中に、真珠のような小さな餃子が入っていて、お取り分けする椀の中に、入る真珠餃子の数がそれぞれ違います。
その餃子の数で、吉兆を占うらしいのですが、私は3個入ってました。縁起が良いらしい。

『新・雨月物語』

THE・ガジラ公演『新・雨月物語』
演劇企画集団 THE・ガジラ20周年記念公演『新・雨月物語』
世田谷パブリックシアター 
2/1(金) ソワレ。前方下手より観劇

脚本・演出・・・鐘下辰男
山本亨 月影瞳 北村有起哉 森山栄治 若松武史 石村みか 他

観劇したのは一週間前。金曜日に重い芝居を見るのは、体力的にしんどいなぁ。
「ヘル」が自分的にいまいちだったので、観劇を躊躇うが、有起哉くんも出るし観劇。
会場着いたら、席が前方で驚いた。客席をかなり潰している。
舞台美術がかっちょいいー!「山の民」というキーワード、夢と現実のいったりきたり等、私好み。
でもどこか消化不良。重なり合う空間が多すぎる気が。
ああ、シチエーションは良いけど、もう少しじっくり料理して欲しいんだな。

月影瞳さんが凄く綺麗だった。男ばかりのムサ苦しさの中の、鮮烈な赤が印象的。
有起哉くんの褌にはドキドキでした。

「妊娠させて!」

ミュージカル・コメディ『妊娠させて!』
東京芸術劇場・中ホール 
2/5(火) ソワレ。前方センターより観劇

作:古城十忍  音楽:NASA  作詞・演出:忠の仁 
出演:マルシア、今井清隆、鈴木ほのか、福井貴一、ANZA、三矢直生、西村直人 他

チケット苦戦と聞いてましたが、私が行った日はかなり客席埋まっていました。
私も申し訳ありませんが、定価ではないチケットでしたが、安いチケットでも招待券でも、ちゃんと客席埋める努力をしているのは立派です。ジンギスカンの主催者は見習って欲しいです。

内容はまとまっていたと思いますが、こういうテーマの芝居を、あえて見たいとは思わないなぁ、自分は。

続きを読む "「妊娠させて!」" »

2008年2月の観劇予定

月曜日の5時間半にも及ぶ打ち合わせの余波で今だ疲労困憊…。
今月はかなり観劇予定減らしてます。年明けの誓いは守りますよ!

2月の予定

「新・雨月物語」世田谷パブリックシアター
鐘下演出作品。すでに観劇済。

「妊娠させて!」 東京芸術劇場・中ホール
こちらもすでに観劇済。

「ウェディング・シンガー」 日生劇場
綜馬さんと新納くんチェック!

「恋はコメディ」 ル テアトル銀座
石井さん目当て。一応複数回確保してます。

ね、少ないでしょ?
あとは今チケット探し中が「ファントム」です。
「星屑の町」、「春琴」、「屋上庭園/動員挿話」あたりも予定が合えば…。
春先の観劇予定がかなり入ってきたので、今月は抑え目です。

今月はもし休みが取れたら、プチ旅行もしたいのであった。

玲奈ちゃん、おめでとー!

会社に11時近くまでいたよ…。
2月の予定とか、まだ感想書いてない芝居とか、いつUPできるのだろう。
お風呂はいってすぐ寝ようと思ったけど、これだけは言いたい!

笹本玲奈ちゃん、読売演劇大賞・杉村春子賞受賞、おめでとうございます!
もちろん「ウーマン・イン・ホワイト」の演技に対してです。
読売新聞の記事読んで、うるうるしちゃったよー!これだけ評判が良いと、再演も夢じゃないぞー!

そんな玲奈ちゃんのブログの記事は、古田フックとの2ショット(笑)古田ファンはGo!
ホレスタ、私はTVKで見ているので、玲奈ピーターパンは次回です。
古田さんも持ってる玲奈ちゃんのカード、私も持ってるぞ(爆!)

「Musical Duet」の思い出

「Musical Duet」~They're playing our song
1984年5月4日~28日 日生劇場にて上演。
脚本:ニール・サイモン
演出:アレン・ベルナップ
翻訳:小田島雄志
訳詩:岩谷時子

ブァーノン:西城秀樹
ソニア:鳳蘭

パンフレットを引っ張り出しました。
スタッフ陣も豪華です。

私がびっくりしたのは、美術:堀尾幸男衣装:小峰リリーのお名前。
84年ですよ、20年以上前ですよ。おぼろげな記憶の中、美術と衣装が素敵だったことは何となく覚えているのですが、今もよくお名前を見かける方によるものとは!びっくり!

1980年代は私はまだ学生でしたが、親や祖母が演劇好きだったので、定期的に連れて行って貰って観たひとつ。
10代の頃にみた芝居で、おもしろかったものって、本当に印象に残っていて、細川グイードの「ナイン」、平&太地コンビの蜷川さんの「近松心中物語」、劇団四季の市村さん版の「エクウス」、山口さん番の「ジーザス・クライスト・スーパースター」など、今でも鮮烈な印象が残ってます。(他にもまだまだあります。)

そしてこの「デュエット」も、とても印象に残ったミュージカルでした。
この当時って月間ミュージカルってあったっけ?雑誌の演劇評や読者のお便りでも、めちゃめちゃ誉められて、再演希望だった記憶が残っているのですが…。

私的にはニール・サイモンの脚本がはじめてで、お洒落で、小粋で、格好良くて、まずそこに感動。
鳳蘭さんはもちろん良かったのですが、西城秀樹さんの大健闘にびっくりした舞台でした。
もちろん鳳さんがかなり引っ張ってた印象が強かったのですが、当時歌える男優さんが日本のミュージカル界には少なくて、しかも女優さんは宝塚出身の方が大半で、「歌える」&「宝塚の人の相手役でも見劣りしない背の高さ」をクリア出来る方がなかなかいなくて、そんな時にヒデキ、キター!だったのです。
確か西城さんの評判もとても良かったので、もっとミュージカルに進出するかと期待していたのですが、舞台は余りやらなかったですね。残念。

ほぼ二人芝居ですが、二人の声という役が出てきます。本来は各3人づつですが、日生版は舞台が広いので各6人でした。
クリエのサイズを考えると、とてもマッチしている作品だと思いますので、「声」の役はどなたが演じるのか、興味深深です。

ちなみに私の希望は、ブァーノンは別所さんでした(苦笑)
でもあのキャラクターは石井さんもハマると思いますし、カズさんはやはり明るい正統的なミュージカルで観たいので、ブァーノン役は凄く楽しみです!

今すぐホレスタへ!

笹本玲奈・ピーターパン
古田新太・フック

復活! →『ホレゆけ!スタア☆大作戦!』HPへGo!

とか言ってたら、春の古田さんの舞台も本日発表でした。
原案=古田新太&池田成志なのかー。 →PARCO劇場HPへ

今日から2月で、早速観劇して来たのですが、もう劇場入る前もニュースだらけ、終わってからもニュースだらけですよ。

「Musical Duet」

うわー!デュエット再演だ!マジ嬉しいーっっっ!
アンケートに書き続けた甲斐あった(感涙)

「Musical Duet」 シアタークリエ
2008年7月5日(土)~27日(日)
作  ニール・サイモン
演出 鈴木勝秀
出演 保坂知寿 石井一孝

私、西城秀樹と鳳蘭で上演したのを、大昔に見てます。
当時はお洒落なミュージカルも、ニール・サイモンの戯曲もはじめてで、すっごい感動したのを覚えてます。
秀樹は確かカーテンコールで、白のタキシードで登場して、とても格好良かったなぁ。

作品の傾向もスズカツさんに合っていると思うし、メチャ楽しみです!

しかし今年はアンケートに書き続けた、作品が二つも再演だ。
嬉しいが、今年の夏は、「ミス・サイゴン」、「五右衛門ロック」もあるし、破産だこりゃ。

ミス・サイゴン キャストスケジュール発表

ミス・サイゴン キャストスケジュールが、本日夕方、東宝のHPで発表になっています。
東宝公式HP

べっしーは3ヶ月半出ずっぱりの模様。
市村さんが実質一ヶ月くらいしか出ないのね。

とりあえずチェック。
7/16(水)マチネ べっしープレ初日。
7/20(日)マチネ べっしー初日
10/22(水)ソワレ べっしー楽日

あ、べっしー誕生日は出ないのか。

携帯から慌てて書いたので、間違い等あったらごめんなさい。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »