旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 飲みすぎた | トップページ | RENT »

ジンギスカン

日モ親善特別公演
「ジンギスカン〜わが剣熱砂を染めよ」 

ル・テアトル銀座 前方センター席より観劇

総合演出:市川猿之助
原  作:牧 逸馬
脚  本:窪田 篤人
演  出:山田 孝行
出演:平岳大 榎木孝明 他 →公式HP

かなり微妙な芝居で、途中で帰ろうと思ったのを、かろうじて出演者の頑張りで留まる。
実際休憩で帰る人、見かけたし。

相田翔子ちゃんの楽でもあり、出演者はみな涙を流し大熱演。私も微妙と言いつつ、最後はほろり。
脚本もとてもしっかりしているし、出演者も良かった。なのにあの居たたまれなさは何?

今回の出演者だったら、ストプレにして、あの大袈裟なBGMの数々を無くして、骨太な作りにしたらまだ見られた気が。

製作した責任者は誰?

責任者ってここで良いの?→  お問い合わせ ドラマ・ステーション JAPAN

以下、かなりお見苦しい感想なので、気分を害したくない方は、読まないで下さい。

数々の突っ込み所云々以前に、これ企画した人は感覚がちょっと化石なのでは。
がらがらでしたよ。200人くらいしか入ってないよ、750人の劇場で。空席の目立つ劇場は、何度か体験しているけど、ここまでひどいとは。
製作会社はこの企画で本気で1ヶ月埋まると思ったのか?

熱演している出演者に申し訳ないから、余りブログで「空席目立つ」とか書きたくないのだけど、今回は思いっきり書くよ。製作側の企画の貧困さと、集客を怠ったのが原因だもの。

ちらし見た時から、こりゃ客呼べる企画じゃないだろうな、と素人の私でも思ったが、あのガラガラな客席で熱演してる出演者が、気の毒で気の毒で…。
誰が責任取るの?この芝居。少しは努力して、団体でも招待券でも撒いて、客席埋めて下さい。

もう芝居そのものが、20年くらいセンスが古い。今時あんな陳腐な歌謡ショーしないよ。これだけミュージカルが全盛で、ルテ銀でも『THE LIGHT IN THE PIAZZA』みたいな、素晴らしく歌唱レベルの高いミュージカルを上演しているというのに、翌月がこれですか。
なら『THE LIGHT IN THE PIAZZA』一ヶ月上演しろよ(怒)何であんな微妙な歌入れる?そしてあの気色の悪いBGM!

前回上演時の情報らしきもの発見。

「ジンギスカン」
泉の森ホール  1996年6月16日~17日
演出:市川猿之助
原作:牧 逸馬
脚本:窪田篤人
出演:松平 健、久野綾希子、金田龍之介 他

ああ、健さんと久野なら納得な企画だわ。でもそれを2008年に上演して、本気でウケると思ったのかしら?

ロビーの、心沸き立たない物産展といい、唖然続き。
確か串田さん演出、松たかこさん主演の「コーカサスの白墨の輪」だったと思うけど、劇場スタッフも当時の衣装風なコスチュームで可愛くて、休憩の時にグルジアワインをグラスで売ったりして(もちろん売店では瓶も販売、チーズとかも売ってたか?)、観客の気分も異国風にひたらさせてくれたんだよね。
そういうセンスが何故出来ないのかな?

何度も言うが出演者はホント良かったです。主演の平さんも、相田翔子さんも、榎木さんも。
特に小鈴さんと猿四郎さんは、凄く良かった。
アンサンブルさんもかなりの大人数でしたが、誰一人ダレることなく、微妙な芝居を盛り上げていました。

お見苦しい点も多々ある観劇記となり、本当にごめんなさい。
演劇を愛するファンとして、何かもう、堪らなかったのよ(泣)

« 飲みすぎた | トップページ | RENT »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

私も見ました。あまりにもひどすぎる内容に愕然としました。今時ど田舎の温泉場でやる町芝居でもここまでではないでしょう。ほんと演歌のつなぎのような効果音をはじめ、笑うしかありませんでした。こんな芝居をつくちゃあいけませんよ。全く!

ジンギス カンカンさん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。
作りが中途半端なのですよね。いっそコテコテの大衆演劇、座長芝居を目指して、そっち方面の出演者で固めるとか。
あのスカスカな客席を前に、まだ公演は続いているかと思うと、胸が痛みます。
製作会社は猛反省して欲しいです。

はじめまして。
チケットをいただいて観に行ったのですが、幕間に感想をどう伝えようか迷ったぐらいです。
2幕目も厳しいかも・・・と危惧しましたが、アンサンブルさんの歌や、小鈴さんに魅力を感じ、最後まで観てよかったと思いました。
友人には「『水戸黄門』と『宇宙船艦ヤマト』と『演歌の花道』を同時に見た感じ」「敢えて歌を入れる必要があったのかな?」と、感想を伝えましたが・・・。
出演者の皆さんは、それぞれ素晴らしかったと思います。
平さんには、他の舞台で観てみたいという興味も感じました。
歌舞伎でウケているからと、同じ感覚で演出をすること自体、観客の気持ちを考えていないように感じます。
こんなコメントは失礼かと思いましたが、やはり舞台を愛するファンとしては、やりきれない気持ちもあり、書いてしまいました。

もっちさん、はじめまして。コメント、ありがとうございます。

えっと歌舞伎はあんなんじゃありませんから(笑)猿之助さんが総合演出と名前出てますが、スーパー歌舞伎は全然おもしろいです。(一幕最後の立ち回りは、スーパー歌舞伎の三国志っぽかったですが。)
それでも名前出してる以上は、非難されても仕方無いですよね。

ホント何であんな演出になっちっゃたのでしょう。平くん、なかなか良かったと思うのですが、スカスカの客席から、新感線のなりそこないみたいな衣装着て登場して来た時は、気の毒で涙が出そうでした。

あの出演陣だったら、普通にストレートプレイにすれば良いのいなぁ。今時、中途半端な歌謡ショーは、流行りませんよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/9925801

この記事へのトラックバック一覧です: ジンギスカン:

« 飲みすぎた | トップページ | RENT »