旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 「リア王」 | トップページ | いのうえ歌舞伎☆號 『IZO』 二回目 感想1 »

いのうえ歌舞伎☆號 『IZO』 再観劇

本日(1/28)カメラが入ってましたよー!
注意書きには、放送・発売等は未定みたいなことが書いてあったけど、思いっきり期待!

一回目より全然良かった。良かったどころかヤバすぎ。
オープニングから切なくなってきて、涙ぼろぼろ。
結構私は涙もろいので、感動するとすぐ泣く方ですが、久し振りに泣いて呼吸困難状態になりましたよ。
もう以蔵が可哀そうで、可哀そうで。みっちゃんの言葉が胸に染みて…。

脚本、素晴らしいなぁ。スペシャル時代劇とかで、TVで映像化して欲しいよ。そのまま森田くん主演で。
舞台はもちろん凄いのだけど、見る人が限られるし、映像向きの脚本でもあると思うので、この時代に翻弄されてしまった、剣以外には何の取りえも無い男の切ない話を、多くの人に見て欲しいな。

この舞台を見ていると、もしもを思う。
以蔵が龍馬の言葉を受け入れて、武市の呪縛から逃れ、神戸に行ってたら…。
以蔵がその後もずっと龍馬の側にいたら、龍馬暗殺も防げたかもな、なんて馬鹿なこと考えながら見てたら、もう泣けて仕方無かった。

取り急ぎ簡易報告。

« 「リア王」 | トップページ | いのうえ歌舞伎☆號 『IZO』 二回目 感想1 »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/10126175

この記事へのトラックバック一覧です: いのうえ歌舞伎☆號 『IZO』 再観劇:

« 「リア王」 | トップページ | いのうえ歌舞伎☆號 『IZO』 二回目 感想1 »