旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« タイプスプレゼンツ『マクベス』 | トップページ | 『ウーマン・イン・ホワイト』いよいよ名古屋! »

『座頭市』

『座頭市』
新宿コマ劇場 22列より観劇

演出:三池崇史
出演:哀川翔、阿部サダヲ、麻路さき、長門裕之、遠藤憲一、田中隆三、
   松浦佐知子、RIKIYA、いとうあいこ、中田博久、永澤俊矢、他

事前の評判がボロボロだったので、余り期待せず行ったら、案外楽しかった(苦笑)
少なくとも、某テイクなんちゃらよりは楽しめました。(←最近の判断基準)

照明が格好良いーと思ったら原田保さんで、演出も劣化型いのうえ歌舞伎風。
新感線が当たってから、チャンパラ&ギャグ&照明ハデーな舞台増えた気がする。

哀川さんを主役にキャスティングした意味が判らず。脳内で古田新太に変換してみてました。
それと麻路さきさんが酷かった。この二人が別キャストで、もう少しまともな舞台演出が出来る人なら、もっとおもしろかったのになぁ。

この企画・このキャストで、何故2000人のコマ劇場?企画段階で客席埋まると思ったのかな?かなりスカスカの客席で寒かったよ。その寒い客席を、一気に盛り上げた、阿部サダヲさんは凄い。喝采も一番多かった。

アイデアや舞台の方向性は、良かったと思う。重要な役どころに、サダヲ、エンケン(格好良かったー!コクーンのチケットも取っちゃったよ。)、長門裕之をもってきたのも良かったし。
ただ舞台演出しては、参考にとりあえず新感線みましたレベルだし、本気で時代もの舞台の演出やる気なら歌舞伎とかもっと見ないと。あれだけ転換多いなら、廻り舞台使えば良いのに。
それでも楽しめる要素もあり、ちょっと惜しい舞台だったな。

まぁ、古田座頭市だったら通うな。朱太夫は秋山菜津子さんで。あ、まんま朧…。

一年ぶりくらいにコマ劇場に行ったけど、トイレは少ないし古いし、何故か途中退場不可の劇場だし、来年の新感線が今から頭痛い環境です。

« タイプスプレゼンツ『マクベス』 | トップページ | 『ウーマン・イン・ホワイト』いよいよ名古屋! »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨様、まいど!
新宿コマって路線変更してるってことですよね。
古ちんもコマでビックリしたもんね。
今までの座長公演では採算とれない。ってことでしょうか。
「座頭市」は麻路さきファンが押しかけて、チケット売れてると思ってたのに…。
私は来年2月に「星屑の町」で久しぶりにコマに行きます!
トイレが大変だぁぁぁ。

かしまし娘さん、こんばんは。
私は宝塚に無知なので、麻路さきさんという名前もはじめて知りました。一人宝塚の男役調で、かなり浮いてた気が…。
コマはねぇ、トイレ難民になりますよ。おまけに何故か途中退場不可!休憩の時に外に出させてくれ~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/9436776

この記事へのトラックバック一覧です: 『座頭市』:

« タイプスプレゼンツ『マクベス』 | トップページ | 『ウーマン・イン・ホワイト』いよいよ名古屋! »