リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 師走の予定 | トップページ | 『五右衛門ロック』 »

『ウーマン・イン・ホワイト』感想まとめ1

『ウーマン・イン・ホワイト』まだ千秋楽の余韻を引きずってます。
名古屋公演が待ちきれないのですが、それを見てしまうと、本当に終わりという寂しさが(涙)

千秋楽は二階後ろに立ち見も並び、地下のグッズ売り場も売り切れ続出。バックは入荷したので買えたが、チョコとクリアファイルが売り切れで買えなかった!
自分は収集癖が無いので、グッズは滅多に買わないのですが、今回は欲しくなってしまった…。
何にせよ、CDやグッズの売れ行きが良いのは、芝居に満足しているお客さんが多いことの証明ですよね。

別所さんが出演ということで複数回のチケットを確保はしていましたが、何せ日本初演、「おもしろくなかったらどうしようと」と不安を抱えながらの初日でしたが、初日終了後に即効チケット増やしたぞ!

幾ら好きな役者さんが出ても、つまらない芝居に何度も通えないし、まして名古屋まで見に行きません!

本当に何度見ても感動しました!なのでだらだらと思いついた感想を、不定期にブログに書いていきます。

 

以前も海外版の映像をブログに載せましたが、改めて2つ紹介。

「I Believe My Heart」

「Finale」

多分日本版を愛した人はかなり拍子抜けすると思います。私は見て「えええ?」でした。
日本版のセットのしょぼさは否めないけど、そこを見るのではなく、日本版がいかに感情の流れ等が繊細に演出され、また各役者さんの演技が表現していたかを見て欲しいな~。

ラストの場面の玲奈ちゃん・べっしー・沙也加ちゃん三人の演技凄かった。(精神病院の再会も。)

まぁ海外の方はもっとダイレクトな愛情表現を好まれるのかもしれませんが、日本版は「I Believe My Heart」がはじまる前が良かったのよ(力説)!
ショールを忘れたローラがマリアンと別れてそれを取りに来て、その場に残ってたハートライトと微妙な距離感があって、でも(身分の高い)ローラの方が止まって「話しかけてくれないかしら」みたいな雰囲気を漂わせて、そこでべっしーウォルターがローラを見つめて、「君を見つめる…」と唄いだすのが、もうもうもう大好きだった!
途中からは二人でずーっと見詰め合って、もう二人とも目がキラキラして、最後にやっと手を握り合うという純愛っぷりが、たまらなかった。

国民性の違いかな…。(実際、生で海外版みたら、凄く良いかもしれなけれどね。)

その後、さやローラの差し出した手を取り、愛おしげに口付けるべっしーウォルター。マリアンが登場するタイミングが日によって1、2秒差があるから、キスする寸前で離れる日もあり。
千秋楽はちょっと長めに手にキスしてた。

楽といえば、「収穫祭」のダンスの時、最後にローラを抱き上げるのが、いつもより長かった。
初日は「べっしーが踊ってる!」と何か直視出来なかったのですが、さやちゃんとべっしーの呼吸が日に日に良くなってきて、あの短いダンスの間に、二人の恋が深まっているのが伝わってくるのが素敵だった。
合間にキスしそうなくらい近付いたり、「お姫さま、腕をお取りください」って感じのべっしーに、嬉しそうに手を絡ませるさやちゃんとか。

「収穫祭」の場面は、さやちゃんが凄く可愛くて、お姫様っぽくて、誰もが愛する女の子だよなと説得力があった。

ところでダンスの最後で、べっしーに話しかける原慎一郎さん、いつも何を話していたのか気になる…。

あ、でも「If I Could Only Dream This World Away」は好き。ローラの胸にびびったが。

« 師走の予定 | トップページ | 『五右衛門ロック』 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
WIW本当に良かったです!
私も観る前は「面白くなかったらどうしよう」と思ってましたが、すっかりハマっちゃいました。

> ところでダンスの最後で、べっしーに話しかける原慎一郎さん、いつも何を話していたのか気になる…。

前楽、楽と前方席だったので聞こえたのですが、こんな感じでした。
 前楽→「僕は今日あなたに会いに来たんです」(みたいなこと)
 楽→「僕と結婚してください!」(みたいなこと)
・・何気にストーリーになってる(笑)

アツコさん、こんばんは。
博多でレミ祭り終了後、よもや冬のウーマン祭りが来るとは!博多でお会いしたときに暑かったのに(笑)。

ところでダンス後の今日のひとこと、ありがとうございます。
前方席だった時も、全然何を言ってるか判らずで、楽後、ふつふつと疑問が沸いておりました。
でも結婚してって何?彼にはローラがいるのよ!

原慎さんとウォルターかあ。ビッグカップルだ(笑)
私もあそこ何言ってるのか気になってたのです。
教えていただけて 嬉しい驚きでした~~~♪

花梨さん、こんにちは!
WIW千秋楽ではお世話になりました。
本当に本当に素敵な舞台でしたね!
精神病院での再会から最後までのシーンは、
それぞれの役者さんの演技が迫真で、
凄い迫力だったなあ、と思います。
細かないろいろも、楽しめましたし。
でも、「収穫祭」の後の台詞のやり取りは気づきませんでした。
残念・・・なんていってると、名古屋に行きたくなっちゃいますが、
さすがに断念です(涙)。
花梨さんのレポ、お待ちしておりますねv

恭穂さんへのコメントが反映されていなかった!ごめんなさい!
WIW千秋楽では、超ハイテンションで申し訳ありません。

恭穂さんのブログでのローラに対する考察、私も同じことを考えていたので嬉しいです。
名古屋楽しみですよ!名古屋からレポしますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/9271304

この記事へのトラックバック一覧です: 『ウーマン・イン・ホワイト』感想まとめ1:

» 短い夏のきらめき [瓔珞の音]
注文していた「The Woman in White」のCDがやっと届きました。 最初に観劇した時、休憩中に買おうと思って売店に行ったら売っていなくて(完売?)、 帰宅後すぐに注文したのですが・・・ これだけ時間がかかったのは、やっぱり舞台効果で注文が増えたんですかね? でも、それが納得できるくらいの、素敵な舞台でした。... [続きを読む]

« 師走の予定 | トップページ | 『五右衛門ロック』 »