旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 「朧の森に棲む鬼」ゲキ×シネ | トップページ | ミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』 »

欲望という名の電車

「欲望という名の電車」 東京グロープ座  →公式HP

作/テネシー・ウィリアムズ
翻訳/小田島恒志
演出/鈴木勝秀

篠井英介、北村有起哉、小島聖、伊達暁
明星真由美、菅原永二、押田健史、Takuya、永島克、鈴木慶一

もしブランチが、かつて美貌の持ち主ではなかったら
没落した名家の生まれではなかったら
頭の良い女性ではなかったら

平凡な幸せが掴めたかもしれないのに。
そして平凡な幸せを掴もうとしたのに、過去に追われてそれを失う。

ミッチが赤い薔薇の花をブランチに渡し、腕を差し出す。
その腕に己の腕を絡め、幸せそうに微笑むブランチに、その後の悲劇を思うと、涙が止まらなかった。

前回上演時は青山円形劇場で。
スタンリー・古田新太、ステラ・久世星佳、ミッチ・田中哲司

劇場が変わって、伝わるものもあり、伝わりにくくなったものもあり。(特に前方サイド席は、色々視界を遮られますが、その分間近で見えるものも有り。)
その中で、全く揺るぎの無いのが、篠井プランチだ。唄うように、夢見るように、台詞を紡ぐ。この素晴らしいプランチを見られることが、演劇ファンとしてただ幸福だ。
もうプランチは最後なんて言わないで欲しい。もっと、もっと演じて欲しい。

今回は何といっても北村有起哉のスタンリー。自分は古田ファンだが、古田スタンリーより、北村スタンリーが好きだ。
ステラの小島聖も良い。二人の愛情が深いから、余計にブランチの孤独が引き立つ。

ちょっとサイドで見ずらいとか、ちょっとマイナスな感想もあったが、結局芝居の凄さに吹き飛んだ!
出来れば同じ3人で、もう一度上演して欲しい。有起哉くん、小島さんが、きっと、もっと、もっと良くなると思うから。

« 「朧の森に棲む鬼」ゲキ×シネ | トップページ | ミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
古田スタンリーもご覧になっているのですね。
うらやましい・・・。
今のところ、蜷川さん演出の堤真一スタンリーが
my best スタンリーなのですが、有起哉くんの
スタンリー、とても楽しみです!

スキップさん、こんばんは。
逆に私は堤真一スタンリーを見ているのが羨ましいですよ!
古田スタンリーは、私的にはいまひとつ釈然としないものがあって。
ステラとのラブラブ度は、今回のVerの方が高いと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/8956763

この記事へのトラックバック一覧です: 欲望という名の電車:

« 「朧の森に棲む鬼」ゲキ×シネ | トップページ | ミュージカル『ウーマン・イン・ホワイト』 »