旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 『恐れを知らぬ川上音二郎一座』速報 | トップページ | 久々にりゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ »

蜘蛛女のキス 二回目

ブロードウェイミュージカル「蜘蛛女のキス」 ~ KISS OF THE SPIDER WOMAN ~

東京芸術劇場 2回目は一階より観劇。関係者席に近かったようで、やはり一度目の観劇より全然良かった。
蜘蛛女が出て来て、ダンスする意味が掴めず、これはストレートプレイで見るべき演目という意識が抜けなかった。(初見なのですが。)

でも二度目でようやく蜘蛛女とオーロラの存在を受け止めることが出来た。

牢の中でモリーナとヴァレンティンの芝居が進行していく中、幻想のように現れる蜘蛛女が、良い意味で背景になっていて、二人の芝居の邪魔をしない。
想像のオーロラも、語られる映画の中の存在で。

ようやく良い演出だな、と思った。
それと音の使い方が好きだ。金属のような音や様々な効果音。

二回目は比較的満足度の高い観劇だった。

それでもモリーナ、ヴァレンティン。二人とも、凄く頑張っているし、私は芝居的にはもっと駄目だろうと思っていたので、予想よりは全然良かった。だけど芝居の上手い人で見たかったという思いは、やはり払拭出来なかった。

演出の意図か、全体的に綺麗に纏めているので、牢の中での閉塞感。行き場の無い息苦しさ。暴力の恐怖。それらが薄い、薄すぎるのだ!
モリーナとヴァレンティンの心の交流も、いまひとつ薄い。
ああ、やはりこの芝居はストレートプレイで見たい。

石井さん、凄く頑張っているし、モリーナの純粋な部分はなかなか良かったが、結局トータルとしては物足りないままでした。
根本的に陽性の人だし、格好良いから、誰にも愛されないオカマという設定にどうしても違和感が。(彼氏の一人や二人いそうなオカマだ。)

古田モリーナとか見たいのだけど。(男とのキッスを拒否しそう。)

浦井ヴァレンティンも大健闘だが、出来ればもっと骨太な味のある役者さんで見たかった。
でも食事の仕方の行儀の悪さとか、拷問から帰り、モリーナに赤いハンカチで傷の手当をされ、はじめて笑顔を見せる所や、モリーナに寄せる複雑な感情の見せ方等、良い場面もたくさんありました。

一番良かったのは男性アンサンブル陣。ダンス素晴らしい!格好良い!看守の二人も大柄で、威圧感がある。

本日映画版を見ようと、近所のツタヤに行ったが、置いてなくて残念。

« 『恐れを知らぬ川上音二郎一座』速報 | トップページ | 久々にりゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

花梨さま
> 彼氏の一人や二人いそうなオカマだ
笑っちゃいました。確かに。観ていませんが、そんなカンジです。

私はずい分前に映画を最初に観たので、モリーナ=ウィリアム・ハートのイメージが強烈です。
昨年今村ねずみのモリーナ(ヴァレンティンは山口馬木也)で観ましたが、これも少し苦しいかな、と感じました。市村さんのモリーナがとてもよかったと聞いているので、できれば再演していただきたいものです。
古田新太のモリーナは“アリ”ですね。そういえば有起哉くんもヴァレンティン演ったことあるのですよね。この二人のコンビでいかがでしょう?(笑)

ねー。やっぱストプレ向きだよね〜。
もっと濃〜い感じで見たい。
ワタシももう一回映画見たくなっちゃった。

モリーナが主役でも、朝海ひかるさんの為のステージって印象。さらに荻田さんの手がける舞台にたびたび出てる浦井君が決まって、その次あたり唄える石井カズさんに白羽の矢が立った?大人の事情か?
なあんて千穐楽みてもカズさんの声が一番高くて一番歌えてるでしょ。
でも役柄は違うよなあ。セリフ変えれば少しはいけるのかも知れないけれど・・・とやはり女性を意識したままのゲイ役ですものねえ。
せっかくだったけど・・不満が募った舞台でした。

二回目観劇ならず…
まったく未消化で終ってしまいました。

私は、映画や前作より原作読んでみたいな~って感じです。

☆スキップさん、こんばんは。
ストレートプレイ版を見ているのですね。羨ましいです。
過去の上演記録を見ると、やはりtptで上演した、アッカーマン演出のものが見たいです。そうそう、北村有起哉くんのヴァレンティン、見たかったですよ。
なので私も古田&有起哉コンビでの上演を希望!


☆うりちゃん、こんばんは。
終電ギリギリまで引き止めてしまい、大変申し訳ありませんでした。
今回が薄いのか、ミュージカルにしたから薄いのか、なんかヅカファン向けに綺麗な作りで不満でしたよ。
ストレートプレイで見たい!

☆harumichinさん、こんばんは。
カーテンコールで石井さんが最後に登場して、朝海ひかるさんが最後の登場ではないのに、違和感を感じました。
石井さん、本当に頑張ってたけど、頑張ってたけど…。何も石井さんじゃなくても良い役ですよね。
蜘蛛女の登場の仕方や、アンサンブルのダンスとかは、二回見てかなり気に入ったのですが。


☆yayaさん、こんばんは。
私はとにかくストレートプレイ版が見たいです。
狭い劇場で、演技派の役者さん二人で、ガチガチの芝居版が見たいです。
tpt版のパンフだけは持っているので、それを見てどんに舞台だったか、想像しています。

今、ストレート版上演したら、かなり人が入りそう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/8861946

この記事へのトラックバック一覧です: 蜘蛛女のキス 二回目:

« 『恐れを知らぬ川上音二郎一座』速報 | トップページ | 久々にりゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ »