旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« THE TAP GUY | トップページ | GENERATIONS 追記 »

鹿鳴館

鹿鳴館   劇団四季 自由劇場にて

作 :三島由紀夫 
演出:浅利慶太、装置 土屋茂昭、照明 吉井澄雄、衣裳 森英恵、音楽 林光

キャスト:
影山悠敏伯爵         日下武史
同夫人 朝子         野村玲子
大徳寺公爵夫人 季子    中野今日子
その娘 顕子         岡本結花
清原永之輔          山口嘉三
その息 久雄         田邊真也
飛田天骨            志村 要
女中頭 草乃         坂本里咲
宮村陸軍大将夫人 則子  木村不時子
坂崎男爵夫人 定子     佐藤夏木
宮村陸軍大将         鈴木 周
坂崎男爵・写真師       高草量平

三島由紀夫の有名作品なので、一度は見ようと思って観劇。そして日下さんの舞台はなるべく見ておきたい今日この頃。

名作だけあって脚本がすばらしい!台詞のひとつ、ひとつが美しく、心地よく耳に入る。この快感は翻訳劇では味わえない。
予備知識全く無く観劇したが、話の筋も、人物関係も、時代背景も、戸惑うことなく頭に入ってた。

やはり良い作品は違う!とはいえ不満も多々…。

これって確か四季で凄くヒットしたストレートプレイと聞いていたのだが、うーん、何でヒットしたのだろう?
もちろん悪くは無いですが、「悪くない」範疇を出ないというか。
その原因は主役・朝子を演じた野村玲子さんに寄るものが大きい。

野村さん、まだ久野さんのアンダーだった時代しか知らない。私の持っていたイメージは「少女」。もちろんそんな年では今は無いけど、やはり芸質が少女っぽいのだ。
映画版では浅丘ルリ子さんが演じてて、初代・水谷八重子さんの当たり役。もちろん初代・八重子は見たことないが、亡き祖母が大ファンで、話は聞いた記憶がある。

野村玲子さんは頑張ってたし、とても良かったけど、役がやはり本人に合わない。上演を重ねているというが、何で彼女主演で、あえてこの作品を持ってきたのだろう?彼女の代表作にしたいのなら、もっと別の作品があると思うのだが。

二幕になり、初の洋装を朝子は披露する訳だが、登場の瞬間に客席がどよめく位でないと。森英恵デザインとのことだが、肝心の朝子のドレスがいまひとつ…。
美術も一幕が和で、二幕が豪華な洋を狙っているのだろうが、中途半端というか…。時代の匂いみたいなものが、私には感じられなかった。
最初にも書いたけど、決して悪くは無い。実際体調不良で見たけど、一度も眠くもならず、最後まで楽しく見られたし。
だけど、飛びぬけて良いという訳でも無い、そんな観劇。

それと気になったのは客層。動員に苦労していると聞いたが、客席はかなり埋まっていた。だが演舞場の昼の部に来たみたいな、不思議な客層だった。

自由劇場は見やすくて、好きな劇場なのですが…。この後のハムレット、どうしよう…

« THE TAP GUY | トップページ | GENERATIONS 追記 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

TBがうまくいかないので名前のURL欄に記事のURLを入れておきましたm(_ _)m
私もとにかく日下さんを見逃したくないという思いで今年の1月に自由劇場で観ました。三島は言葉が美しいのですが、彼の生き方が私の好みでないので苦手です。大丈夫な作品もあるのですが、この作品はどうもダメでした(^^ゞ
野村さんが朝子としてふさわしいかどうか、私も疑問に思いました。前半の着物姿が全く似あっていません。元売れっ子芸者というには無理がありすぎです。お顔がバタ臭すぎじゃないかと思えました。
石丸さんが清原だったのはちょっと嬉しかったんですけどね。
平幹二朗・佐久間良子でまた再演があったらそちらで一度は観てしまうかもしれません。佐久間良子の方が着物が似合うだろうし、四季の朗誦術をはずしたところで観て、今回との比較をしてみたいと思ってはいます。そういえば元ご夫婦の本当の息子が息子の役で俳優デビューしてました。その息子も観たいとかも思ったりしてミーハー感覚だと暗い話も乗り越えられるかな(^^ゞ

ぴかちゅうさん、こんばんは。
三島作品、小説も作品によって、好き・嫌いがわかれますよね。私は「鹿鳴館」は結構好きです。

平さんのご子息は、平岳大さんですよね。昨年平さんの「オセロー」に出演していたので、はじめて舞台を見ました。
なかなかイケメンで、背も高くて、将来が楽しみな役者さんです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/8676221

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿鳴館 :

« THE TAP GUY | トップページ | GENERATIONS 追記 »