旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月の24件の記事

GENERATIONS 追記

リストの中にロッキーホラーショウが抜けていたよ。多分まだ抜けがあるかと。
当日配られたちらしに曲名は載っているのだが、誰が唄ったかも含めて、公式でちゃんとしたセットリストを出してくれないかなぁ。

藤岡くんが唄った曲。

 「Almost Paradise」(Footlooseより)
 デュエットのお相手、中山真美さんのブログに写真が!

 「ALL Good Gifts」(GODSPELLより)
 これは自信が無いが、多分この曲。

次回は2008年3月1日(土) 東京厚生年金会館(新宿)とのこと。
また藤岡くん出ないかなー。今度はRENT聞きたい!

鹿鳴館

鹿鳴館   劇団四季 自由劇場にて

作 :三島由紀夫 
演出:浅利慶太、装置 土屋茂昭、照明 吉井澄雄、衣裳 森英恵、音楽 林光

キャスト:
影山悠敏伯爵         日下武史
同夫人 朝子         野村玲子
大徳寺公爵夫人 季子    中野今日子
その娘 顕子         岡本結花
清原永之輔          山口嘉三
その息 久雄         田邊真也
飛田天骨            志村 要
女中頭 草乃         坂本里咲
宮村陸軍大将夫人 則子  木村不時子
坂崎男爵夫人 定子     佐藤夏木
宮村陸軍大将         鈴木 周
坂崎男爵・写真師       高草量平

三島由紀夫の有名作品なので、一度は見ようと思って観劇。そして日下さんの舞台はなるべく見ておきたい今日この頃。

名作だけあって脚本がすばらしい!台詞のひとつ、ひとつが美しく、心地よく耳に入る。この快感は翻訳劇では味わえない。
予備知識全く無く観劇したが、話の筋も、人物関係も、時代背景も、戸惑うことなく頭に入ってた。

やはり良い作品は違う!とはいえ不満も多々…。

続きを読む "鹿鳴館 " »

THE TAP GUY

MUSICAL THE TAP GUY

■STAFF:
 脚本・演出・振付:玉野和紀
 振付:HIDEBOH
 音楽:杉山正明、NASA
 企画・プロデュース:伊藤義文(博品館)

■出演:
 小堺一機、玉野和紀、HIDEBOH
 剱持たまき、tekkan、蘭香レア、秋山エリサ
 小寺利光、加賀谷一肇

■STORY:
黒人タップダンサー、ビル・ロビンソンと、彼のマネージャー、マーティ・フォーキンスを中心に、アメリカの偉大なShowmanたちが生きた時代をショーアップして綴るミュージカル。

とても素敵な作品でした。

続きを読む "THE TAP GUY" »

GENERATIONS

GENERATIONS ─NEW STYLE ROCK MUSICAL LIVE─

10/27(土)15:00~
東京芸術劇場 中ホール
出演:安崎求、石原慎一、北村岳子、鈴木ほのか、TSUKASA、
籐子 (TOHKO)、中山眞美、渚あき、花木さち子、平澤由美、
藤岡正明、本間憲一、真織由季、山形ユキオ

コンセプトとか全然知らずに行ったのですが、めちゃめちゃおもしろかったです!
いやーん、立ってノリノリで聞きたかったよ。

曲は以下のミュージカルより(抜けてたらごめんなさい。)

RENT、GODSPELL、HAIR、FAME、
LITTLE Shop Of Horrors、Footloose、Tommy
Jesus Christ Superstar、Dream Girls、天使にラブソングを

それにしても藤岡くん、ちょっとびっくりなくらい上手かったのですが。最初に親父4人組(失礼)が出てきて、半分くらいの年齢しかないひよっこだけど、歌上手いと絶賛してましたが、何かもう、贔屓目抜きにしても凄まじかった。
その後も出演者に上手い、上手いと大絶賛されてたが、あれは文句無しに上手いわ。もう唄いだすと、会場の空気が変わってたもの。驚いた、本気で。

GODSPELLのメドレーがありましたが、一回しか見たことないので、いまひとつ判らず。
前回は新納くんや戸井さんが出てたから、メドレー部分はより盛り上がったのだろうな。

ところで石原さんが立ち消えになった企画で、藤岡くん、渚さんと共演する予定だったという衝撃の発言をしていましたが、何の企画だったのだろう?まさか消えたと噂のGODSPELL再演じゃないよね?

あーRENTからもっと聞きたかった!コリンズとミミがいたのだから、もっと、もっと唄ってー!前回は石原さんが「I’ll Cover You」を唄ったと聞き、地団駄!藤岡くんで「One Song Glory」聞きたい!でも「Out Tonight」がミミで聞けた!

取り急ぎおもしろかった報告です。明日もあります。当日券もあるみたいなので、興味ある方はぜひ!

閑話休題

進化したさとしバルジャンのことや、大好きなアンサンブルさんたちのことを続けて書こうと思いましたが、博多から帰って数日後に何故かじんましんが…。
この私がおかげで禁酒ですよ!続きは後日。
あ、「THE TAP GUY 」見た!おもしろかったです。

レ・ミゼラブル SP公演まとめ 2

私は鹿賀さんのジャベールが大好きです。
2005年のSP公演の時、登場したただけで劇場の空気が、マイナス3度くらい下がった?というくらい怖かった。特に2005年は

牢獄恐怖系ジャベールが不在だったので、鹿賀さんの復活は本当に嬉しかった!

2007年になり、禅さんや阿部さんがジャベール役に加わり、果たして、今、鹿賀ジャベールを見る意味は?などと思ったものだ。

続きを読む "レ・ミゼラブル SP公演まとめ 2" »

レ・ミゼラブル SP公演まとめ 1

20日に観劇した時、SP公演について色々書きましたが、再観劇したらやはりSPはとーっても良かったです。
それでも今回みたいに、初日と楽日がSPというのは疑問。20周年のお祭りと言っても、大楽はやはり5ヶ月間戦い続けた通常キャストで締めて欲しかったです。

岡アンジョルラスは大好きだし、今でも最高と思ってますが、最後は岸さんと学生達で終わって欲しかった…。
岸さん楽も大楽も行かれなかったけど。

でもこれからはSPキャストへの賛辞です!自分も1回だけでしたが、初演を見ているので、やはり愛着ありますよ!

続きを読む "レ・ミゼラブル SP公演まとめ 1" »

レミSP前言撤回

早速前言撤回します。
今日は素晴らしかったです。特に鹿賀さん、凄かったー。今井バルも育ちゃんマリウスも!

でも何といっても、アンサンブルさん達、凄いよ~(涙)。
あと100回レミ見ても、泣ける、自分。

楽まで2日、頑張ってください。
楽まで博多にいたかったよ@すでに羽田

SPキャストよりも

ジョリがかわいいっ!民衆の歌で、後ろから走ってくるマリウスにニコニコして手をのばす!
そして禅さんがその手を嬉しそうに掴む!凄い可愛い。
ソワレはジョリと育マリとの距離が近くていまいちだった。残念。

恵みの雨でも血を確認して、エポの怪我に気が付かないのを後悔。
泣いてるとフイイが慰めるのよ。かわいいよ〜、ジョリ。

昨日はジョリに注目してしまったけど、学生達素晴らしいです。
それだけにずっと一緒に演じてる岸さんとの方が、私は感動したし、好きでした。

SPキャストの意味って何だろうと感じたマチソワでした。
(一応初演も見てます。)

明日見たらまた感じ方が変わるかもしれませんが。

博多は寒い

博多で「レ・ミゼラブル」マチソワしてきました。睡眠少ない割には元気です。やはりレミは良いな、と痛感。
マチソワして意外なことに、ソワレのがおもしろかった・・・。席はマチネの方が良かったのに。周囲の客席環境がマチネいまいちだったというのもあったかも。

SPマチネ
とにかく禅さんと岡さんが凄過ぎて、他がかすんだ。
A班アンサンブルとのバランスは、さすがに帝劇SPとは格段に良くなってたが、肝心のバルジャンとジャベールの物語の印象がやや薄れた印象。自分が禅さん、岡さんばかり見ていたせいかもしれないが。
岡さんを除く本日参加のSPキャストは、やや固かったが、ソロ等かなり歌いこんでいたと思う。
凄いなと思う面と、その他色々・・・。

ソワレ
やはり何ヶ月も演じているカンパニーは違うな。自分はバランスの取れたソワレの方が感動した。
さとしさん、7月以来。こんなに素晴らしくなっているとは!とても魅力的だった。
あとは岸さん、そして学生達!あー、もう泣かされたよー。

簡単レポですが、旅先につきこれにて。

レミSP幕間

幕間
いや~ベガーズで禅マリと岡アンジョの並びだけで、何かクルものがあるわ~。
しかし岡さん、アンサンブルの時のあのメイクは何事(大笑)

博多を前に覇王別姫のニュース

やばい。ついに疲れが蓄積し、風邪っぽい。博多遠征が控えているのに。

書きかけでした「オセロー」の感想も、ようやく仕上げました。
そして9/21『レ・ミゼラブル』の感想も書けないまま、再度の博多行きとなりました。無念じゃ。

ネットで蜷川さん演出の音楽劇「覇王別姫」上演の記事が。→nikkansports.com

脚本:岸田理生
音楽:宮川彬良。
出演:東山紀之、遠藤憲一、木村佳乃

映画の舞台化だそうだが、映画好きだっだけに、激しくびみょ~。
それと蜷川さんの音楽の使い方が余り良いとは思えないので、音楽劇というのもびみょ~。

同じ東山なら東山義久くんが良いわ…。相手はさとしで。これで音楽劇なら、レミファン通い倒しだぞ。
こんな妄想するなんて、疲れているのか?明日早いので、この辺で。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第18弾『オセロー』

彩の国シェイクスピア・シリーズ第18弾『オセロー』 彩の国さいたま芸術劇場

オセロー 吉田鋼太郎、デズデモーナ 蒼井優、イヤーゴー 高橋洋
エミリア 馬渕英俚可、キャシオー 山口馬木也、ブラバンショー 壌晴彦

1FLB席より。この日はカメラが入っていました。

とてもおもしろかったです。そこを前提に気になった部分を。

続きを読む "彩の国シェイクスピア・シリーズ第18弾『オセロー』" »

本日より博多座レミいよいよラストスパート!

相変わらずパ・リーグのクイラマックス・シリーズの中継が見られず、会社で仕事の日々です。
明後日は見たいなー。成瀬×ダル。
セ・リーグファンの方だと、どっちのチームが来るのが嫌なのだろうか。

14日、ついにレ・ミゼラブルのアンサンブルチームB班の千秋楽でした。
結局B班は博多では一回しか見られず残念…。

べっしーファンだからついつい野島くんには注目していたのですが(A班の上野くんも好きよ)、ブログ見たら泣けたよ…。
別所さんの話も出てるので、べっしーファンはGo!です。

今更だけど大好きだった、真帆ちゃんコゼットの楽見たかったなぁ。

そして本日16日よりアンサンブルA班再び!さらに明日からは、あの禅さんのマリウスと伝説の歌穂エポニーヌ登場!(原田アンジョルラスと組むのね。)仕事ほったらかして、博多行きたいーっ!

何が言いたいのかよく判らなくなってきたぞ。とりあえずもうすぐ博多ーっ!

びっくりした…

相変わらず仕事が忙しく、でもこっそり野球の速報を気にしていた。8時くらいに会社を出た時点で、1-0、7回の裏2アウト。こんな投手戦なら帰るまでに試合終わってるな、と思いつつ、地下鉄に乗る。

地上に出たら7-0になってた。何があったんだ!マジびっくりした。

会社で左利きのアンダースローの話題が出たが、ホントにいないのね…。実はプチ野球好きです。なのでブログパーツに野球速報貼ってます。

オセローの続き、今日中に書けるかな。週末は博多じゃー!

「演じる女たち<3部作>」感想書き上げました。マイナスな感想でごめんなさい。インドの女優さんは結構好きでした。

彩の国シェイクスピア・シリーズ第18弾『オセロー』簡易感想

オセロー観劇。
さい芸は週末しかチケット確保しないでおこうと決めて正解。終演は11時回った。
長い芝居は構わないのだけど、さい芸という交通の便の悪い場所でやるのは、やはり観客に優しくないよな~。

芝居は普通に面白かった。特に二幕は。照明と美術も美しい。

だが贔屓目あるかもだが、自分はりゅーとぴあ能楽堂シリーズの「オセロー」の方が面白かったです。
栗田さんの演出ってテンポが良いし、音楽の使い方が絶妙だから、長い芝居もとんとんと進んでいく。(進みすぎて、わかり難くなったりする芝居もあったが。)

比較してみると、新潟組の河内さんや山賀さんって、ほんっと若いのに上手い役者さんなんだな、と実感。

以下、りゅーとぴあ能楽堂シェイクスピアシリーズ 第四弾「オセロー」の感想

新潟公演 感想
東京公演 感想その1
東京公演 感想その2

「演じる女たち<3部作>」

引き続き、一日12時間PCに向かう日々。右手痛くて、PCを操作するのが辛くて、ブログ放置…。ああ…。
ちょっとHDDの整理をして、古い録画をかなり消去。でもべっしー関係は消せないわ!
昔のべっしーの映画を、CSで放送したのを発見。うーん、今のべっしーのが素敵だ。

…と書いている途中で、PCの前で沈没。毎日こんな感じで更新不可状態です。
ブログ巡りもろくに出来てません。ごめんなさい。

とりあえず「演じる女たち<3部作>」の感想。

続きを読む "「演じる女たち<3部作>」" »

THE・ガジラ 次回作

演劇企画集団 THE・ガジラ20周年記念公演 第三弾
『新・雨月物語』

 2008年1/25(金)~2/3(日)
 世田谷パブリックシアター

原作/川口松太郎 脚本・演出/鐘下辰男
出演/山本亨、月影瞳、北村有起哉
   森山栄治、さとうこうじ、近童弐吉、大石継太
   白井圭太、加地竜也、若松武史 他

ちらしを貰ったのでとりあえずup

『朧の森に棲む鬼』

『朧の森に棲む鬼』ゲキxシネ 初日

多忙中につき、ゲキシネ初日も断念。
でもかなーり格好良い映像に仕上がっているとか!

シネマトピックスのHPに詳細が!

染ちゃんの劇団☆新感線と、ずっと付き合ってく発言が飛び出したようで、嬉しい!
骨太な歌舞伎路線と、『SHOROH』『メタルマクベス』の音楽路線と、時々オボンチで、新感線、頼むぜ!しかし。

めしめしめし~!

ただ今ちと癒しの日々です。
おいしいものを食べていると、幸せ~。癒される。

Zensai

Paitutumi

イタリアンレストランの「前菜盛り合わせ」と「パイ包み」

10月の観劇予定

仕事で一日12時間とかPCに向かっていると、ホントに肩が鋼鉄のようだ…。
今月はそれ程芝居の予定が無かったので、前半は温泉でも行ってのんびりする予定でしたが、仕事・仕事・仕事の日々~。

なので、予定している芝居は、凄く少ないです。

『ヘル』 演劇企画集団THE・ガジラ 吉祥寺シアター
鐘下演出に興味あり!

『演じる女たち<3部作>』 シアター・コクーン
今月はストプレ月間にしたかったが、ホント時間が…。

『オセロー』 彩の国さいたま芸術劇場大ホール
上演時間が又しても4時間近いとか。平日にチケット取らなくて良かった~。

『鹿鳴館』 自由劇場
一度は見てみたい演目かな、と。

『レ・ミゼラブル』
べっしーも藤岡くんもいない10月ですが、SP公演に行ってくるぜー! 

「キャバレー」も「犯さん或」も、チケット取るのをすっかり忘れてた。今からチケット探せるかな~。
「WICKED」も今月中にもう一回見たいが、こちらもチケットが…。

ストプレをもう少したくさん見たいなぁ。

ありえない

今朝、会社について、コンビニで買ったお茶を飲むべく、ストローを取り出したら、中からこんなものが出てきた…。071004
判るかな?口が塞がってるのですよ。どうやって飲めと(苦笑)
こんなストロー、はじめてみた。

朝から大爆笑しちゃったので記念に載せてみる。

さあ、明日は何時に帰れるかな。

「蜘蛛女のキス」

「蜘蛛女のキス」公演記念トークショー

2007年9月30日(日) 13時~14時30分 東京プリンスホテル
石井一孝・朝海ひかる・浦井健治

この日は朝から雨!しかも会場駅から遠いし、ホテル着いたら、人・人・人…。おなごばかりの集団があちこちに。
そして会場入って、余りの広さ、そこにずらーっと並んだ椅子にびっくり。何と1300人が参加!
多分2/3が朝海ひかるさんのファンでしょう。自分は宝塚に超うといので、こういうイベントで宝塚ファンのバワーを見ると、心底感心します。

席が比較的メインステージに近く喜んでいたら、トークの合間に皆さん上手、下手と移動。あの広さなら、それも有りでしょうね。いや、よく考えてたイベントです。(でもお茶も出ないのか…。)

トークでは相変わらずカズさんはかっ飛ばし、浦井くんはいじられキャラでした。
今回は司会者の方がいたので、トークの暴走を押さえて頂いていました。

石井さん曰く、今回は性別不詳の集まり、男を演じていた女、男だが女を演じる男、浦井くんは鈍感な男だっけ?

一番印象的だったのは最後のカズさんの言葉。

モリーナは過去、市村さん、村井さんも演じている、大変な役。
石井のモリーナを作り出してたね、と言われるようにしたい。(…みたいな言葉)

大役に挑む気合をしっかりと感じました!

続きを読む "「蜘蛛女のキス」" »

10月です

博多の暑さが嘘のような日々です。体調崩している方もいるみたいですが、ご自愛下さい。

さて10月ですが、また感想が滞ってます。
昨日は『蜘蛛女のキス トークショウ』に行き、内容を忘れないうちにと簡易メモを作っているうちに、昨夜は爆睡してしまいました。今、仕事がめちゃ多忙なので、色々書きかけですが、ちょっと今週は早寝を心がけます。

博多、21日の感想もまだだ…。小西くんと、アンサンブルA班について、語りたいよっ!

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »