リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 速報@博多帰り | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 9/23 マチネ その2 »

2007 レ・ミゼラブル 9/23 マチネ その1

博多より帰還。別禅玲奈楽のこの日の舞台が余りに素晴らしくて、感想を書こうとしてもまさに「言葉にならない…。」です。
博多では21、23日と観劇しましたが、まずは記憶も鮮明な23日から。

2007年の「レ・ミゼラブル」の別所バルジャンもこの日が最後。指揮者のタクトが振られ、音楽がはじまった途端、涙がぼろぼろ零れました。(右隣りのお客さん、不審な客でスミマセン。)

2007年9月23日(日)マチネ 博多座 1階前方センター

バルジャン:別所哲也
ジャベール:石川禅
エポニーヌ:笹本玲奈
ファンティーヌ:渚あき
コゼット:富田麻帆
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:徳井優
テナルディエの妻:瀬戸内美八
アンジョルラス:坂元健児

自分が思い入れすぎた観劇であり、かなり頭がおかしくなってますが、ご容赦を…。

「奴をここに呼べ」
最初のバル・ジャベ対決。すでに青白い炎を見えるようで、この一瞬で今日の舞台が成功することを確信した。

「宿屋」
今期復活されたこの場面があるだけで、余計にバルジャンの辛さが判る。
暖炉の火にあたる時、べっしー隣りの女性陣に「寒いですね」みたいな事話してた気が。
なのに宿屋の人達は冷たい…。
宿屋の主人はプルベール役、べっしー事務所の後輩・野島くん。博多ではべっしーとはこの日のみの共演。
そんなことを思ったら、また泣けてきた(アホすぎ、自分)。

「司教」
21日の港司教様が益々素晴らしかったので、中井司教様を見るのが実はちょっと不安でしたが、中井司教様も開幕当初より貫禄が全然ついて、とても良かったです。
べっしー、テーブルについて、パンを食べる時の演技が少し変わってた気が…?

「独白」
自分的には過去最高でした。
上手く言えないのですが、バルジャンの周囲にどうにもならない闇が見え、その中の一筋の光が「銀の燭台」。
こんな魂が救えるのか、は聞いてるこちらの胸が苦しくなるほど、苦悩が伝わってきた。
ところで燭台キスのタイミングが、いつもよりワンフレーズ後だった気が。

「ラブリィ・レイディ」
はじまった途端思ったこと。中井さんがちょっとメタボってるー!その後レーグルで出てきて、メタボを確信。休み中に太ったのかしら。若いのに…若いのに…このまま博多にいたら、どうなるんだー!

アンサンブルA班の、フイイの松原くんと、港司教様、ブログを読むとあれだけラーメン食べまくってるのに、全然太ってないよ。羨ましい…。きっと自己管理の賜物なんだろうな…。

「馬車の暴走」
禅さんの「不思議だ、信じられない」の唄い方が好き。

「病院の対決」
今回は別禅対決が、本当に火花が散っているように熱かった。
この日、「対決」の歌が終わり、乱闘になるまでの間に、二人の緊迫した息遣いが間近に聞こえてきてた。
二人の場面に間合いをたっぷり取ってくれた、指揮の若林さん、ナイス!

「コゼットとの出会い」
別所さんのリトルコゼットの扱いが優しくて、優しくて…。

「ベガーズ」
この日のガブローシュは原田光くん。原田くん、帝劇の時より背が伸びて、顔もちょっと大人になってる!子供の成長は早い。
テナルディエの手下に襲われる場面、大抵別所さんは「コゼット」と叫ぶのだけど、今日は富田さんも「パパ!」と叫んで、バルジャンの胸に飛び込んできた。この時点で富田さんへの期待が広がる。

「スターズ」
禅さんの気合が凄かった!他の場面は内面の感情を押し隠してる印象だったが、このスターズで爆発!
劇場中が禅さんの歌声に震えた!

「プリュメ街」
富田さんがとても上手くなってて、帝劇初日辺りのちょっとバタバタした動きも改善されてて、本当にバルジャンに愛されて、真っ直ぐに育ったコゼットという印象で、可愛くて良かった!
そして藤岡くん。実は21日にかなり小西マリウスにやられたのだが、やはり私は藤岡マリウスが好きと思い知らされた。
玲奈エポとの三重奏が美しかった。

「ワン・デイ・モア」
上手のバルジャンとジャベールが祈るタイミングが、ほぼ同じなのですが、この日は二人が上着を直すタイミングが一緒でした。
あと禅ジャベ、本当にスパイ活動嫌そうで、学生を軽蔑しきってるのが伝わる。

ようやく一幕終了。続きます。

ちょっとだけ追記。ABCカフェで松村グランが、藤岡マリウスのほっぺをぷにっとしたのが、可愛かった!松村グラン良いです!

« 速報@博多帰り | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 9/23 マチネ その2 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

花梨さん、こんばんは~♪

大満足・感動の博多遠征だったようですね(^^)。
べっしー愛が伝わるわ~

第二弾も楽しみにしています。

花梨さん、こんばんは!
凄い舞台だったみたいですねー。
私もその場にいたら、きっと最初から泣いていたと思います(笑)。
花梨さんの細かな記載を読ませていただいて、
既に涙目になっていますから(笑)。
続きも楽しみにしておりますねー。
でも、まずはゆっくりお休みくださいね。

改名した真あささん、こんばんは!
もう博多では東山くんが見られないのが、凄い悲しかったですよー。私は東・藤コンビが大好きなのです。
第二弾、また終わりませんでした(汗)

きゃー!恭穂さん宛てのコメントが投稿されてなかった!ごめんなさい。
23日の舞台は、バルジャンとジャベールの間で「空気が震え」ました。もうもう鳥肌ものですよ!頑張ってレポ仕上げますね。
あー、恭穂さんの文才が羨ましいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/8085482

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 レ・ミゼラブル 9/23 マチネ その1:

« 速報@博多帰り | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 9/23 マチネ その2 »