旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ここからの距離、簡単に感想 | トップページ | まだ引きずる『レ・ミゼラブル』 »

私のラスト帝劇!『レ・ミゼラブル』

別所バルジャン楽後は、当初全くチケット取っていなかったのですが、やはり追加…。
博多では東山くんが見られないのと、何といっても東&藤コンビが大好きなので、二人が帝劇で組むラストのこの日、どうしても見たかった…。

2007年8月25日(土) 帝国劇場 マチネ 2階B席

バルジャン:今井清隆
ジャベール:今拓哉
エポニーヌ:笹本玲奈
ファンティーヌ:渚あき(シルビアさん休演)
コゼット:富田麻帆
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:三谷六九
テナルディエの妻:阿知波悟美
アンジョルラス:東山義久

あああ、やはり良かったよ!東山アンジョルラス&藤岡マリウス。
2006年でかなり藤岡マリウスお気に入りだったのですが、今期で完璧にハマりました。藤岡クリス、激しく楽しみ。

今日のガブローシュは横田くん。カーンテコールでリトルエポニーヌを抱っこしてて、可愛いすぎ!今期の初日も横田くんだったよな~、と感慨に耽ってました。
ちなみに私が今期最もたくさん見たキャストは、多分近藤コンブフェールの模様。あと野島くんも多い。今度集計してみよう…。(→8月だけ確認したら、それぞれ菊地&上野は一回だけでした。何故だ?ごめんなさい、おかけで印象が薄くなってしまった。博多でちゃんと見ます。)

☆感想、書き上げました。

今日は渚さんの哀れさと、富田さんの愛情に感動。二人とも良かったです。
そして玲奈ちゃんエポニーヌ。ストリートで生きている子供といった雰囲気が、見ていて辛い。それだけにマリウスに向ける笑顔が可愛くて…。

そして何といってもバリケード!今日は二幕のバリケードにつきます。

「恵みの雨」は藤岡くんと玲奈ちゃんという大好きに組み合わせ。
そして二人の姿を見守る東山アンジョルラス!グランテールに向ける、問い掛けのような視線、その視線を受け止めきれず、目を逸らす松村グランテール。
その後、エポニーヌの死体が運ばれていくのに、首を振って嫌がるマリウス。もう号泣…。

がっくりと崩れ落ちるマリウスを、どう接したら良いか、戸惑いが見えるのかせ東山くんの良い所。彼は自分の起こしている革命に対して、揺らぎが見える。(岸さんはホント真っ直ぐで格好良い。マリウスもストレートに抱きしめる印象。)

ここで侵入者(バルジャン)登場。咄嗟にマリウスを庇って、銃を構える東山アンジョは、ホント格好良い。
今日は比較的早めに東山アンジョが、侵入者に気付いたので、松原フイイのアンジョの背中を叩く芝居は、多分あっさりだったか、やらなかったか。この松原フイイの演技、大好き。
マリウスもすぐ銃を構えようとするが、アンジョルラスに止められる。この一連の流れも好き。

バルジャンがジャベールを逃がす場面、今日はちょっと学生達も見てみました。
バリケードで見張りしつつも、エボの死を引きずるマリに、右隣の近藤コンブがずーっと肩抱いてるのね!

この日以外でも、落ち込むマリウスに、ジョリや、レーグルが気遣ったりして、マリウスは皆に愛されている弟的存在なんだなぁ、と改めて思った。
マリウスは一人生き残ったことを悔いていたけど、誰からも愛されて、可愛がられているのだから、生きるべきなのかな、なんてことを思った。

この日も藤岡くんは「Drink with Me」で、「死など無駄じゃないのか」というグランテールに、小さく「違う」と言っていた。
何か藤岡くんのマリウス、どんどん深くなってる。ヤバ…かなりファンになっているかも。(クリス決定で、大喜びしてるし。)

ところで東山くん、マリウスの頬を包み込むようにして、自分の方に顔向けるのは、ちょっとドキドキなんですが(笑)
弾拾い争いで、言うことをきかないマリウスに、上記のようなことをして止めてました。

アンジョルラスの最期は、この日は180度振り返り笑顔ではなく、赤旗を軽く持って、斜め45度振り返りで、微笑んだ!
もうバリケードで泣きまくりました…。やはり「レ・ミゼラブル」は良いなぁ。

これで私の2007年帝劇レミは終了。博多があるとはいえ、やはり感慨深いです。一応全キャストも制覇!凄く、凄く楽しかったなぁ。
ちなみに開幕前はたった8枚しか、チケットありませんでしたが、倍以上増えました。いえ、もっと某さんとか、某さんとかは、私の更に倍行ってるようですが。

もちろん別所バルジャン最高なのは変わらないのですが、藤岡マリウスにより一層ハマってしまったり、そして何といってもアンサンブルの皆さんにハマったー!この記録的な猛暑の中、キャスト、スタッフの皆様、お疲れさまでした。

『レ・ミゼラブル』大好きです!

博多も行きますが、別所さんはじめ、『ウーマン・イン・ホワイト』チームが9/23で早抜けしてしまうのが、かなり寂しい…。東山・藤岡・伊藤・近藤・松原・港でバリケード見たいと思うと、9月はじめに行かなきゃいけないのか…。無理だ…(涙)。

« ここからの距離、簡単に感想 | トップページ | まだ引きずる『レ・ミゼラブル』 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/7679878

この記事へのトラックバック一覧です: 私のラスト帝劇!『レ・ミゼラブル』:

« ここからの距離、簡単に感想 | トップページ | まだ引きずる『レ・ミゼラブル』 »