リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 8月だというのに | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 8/10 マチネ(別所バル楽) 速報 »

2007 レ・ミゼラブル 8/9 ソワレ

今日も凄かった。
べっしーはもちろんだけど、バリケードですでに目がうるんでた藤岡マリウスにやられたー!
岡ジャベもバリケードから目がうるうるだわ、辛島コゼはエピローグで、第一声が涙声だし。凄い舞台だった。

2007年8月9日(木)ソワレ 帝国劇場 1階前方上手

バルジャン:別所哲也
ジャベール:岡幸二郎
エポニーヌ:新妻聖子
ファンティーヌ:渚あき
コゼット:辛島小恵
マリウス:藤岡正明
テナルディエ:徳井優
テナルディエの妻:瀬戸内美八
アンジョルラス:東山義久

バリケード~下水道のバルジャン×ジャベール対決が胸に迫った。(本日は更にロープの演技濃かった!)
この二人の対決は、また他の組み合わせと違う。岡ジャベールの精神が崩れ落ちていくのがよく判る。揺らぎ方が大きい。
別所バルジャンは、悩んで、悩んで、常に自分の道を問い掛けているのだけど、でもジャベールへは、決して揺らがない自分を最後に見せるのだよね…。

バリケード、東山アンジョルラス、藤岡マリウス、伊藤グランデールが揃うのが私は好き。
エポニーヌの死に、がっくりと座り込んだマリウスを、東山アンジョは抱きしめたが、その後侵入者(バルジャンね)に気付き、とっさに藤岡マリウスを庇う東山アンジョ!
この場面、マリウスによっても、また同じ藤岡くんでも、日によって全然違う演技で。それを受けて、アンジョルラス役も色々変えてくるが、東山くん、こう来たか!
今日は藤岡くんのエポニーヌの死での嘆きが深かったので、学生達が皆優しかった。「彼女を裏切るな」の港レーグルもとても優しかった。

バリケード陥落後の、別所バルジャンの嘆きがいつもより長くて、下水道に逃れるのが間に合うかちょっとドキドキしたが、指揮がゆっくり間を取ってくれていた。
藤岡くんのカフェ・ソングも、今日は途中たっぷりで、やはり指揮は若林さんのが好き。(特にはじまりが、たっぷりで嬉しい。)

エピローグではこの素晴らしい舞台が終わるのが悲しかったです。ファンティーヌを見る、別所バルジャンの表情がもうっっっ!
あ~明日どうなっちゃうんだろう、自分。

カーテンコールでべっしーと港さんが並んで目の前に来て、超眼福♪別所バルジャン、あと一日!明日もあるのでこれにて!

« 8月だというのに | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 8/10 マチネ(別所バル楽) 速報 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/7479126

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 レ・ミゼラブル 8/9 ソワレ:

« 8月だというのに | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 8/10 マチネ(別所バル楽) 速報 »