旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 6月の旅 | トップページ | 新潟 »

「マイ・フェア・レディ」

「マイ・フェア・レディ」
厚木市文化会館 大ホール 2階後方で観劇

本日ツアー楽。客席も凄く盛り上がり、とっても楽しかった!最後の挨拶で真央さんが涙ぐんでたよ。

実はほぼ初見。かなり昔に日本版をみた。映画版が凄く好きだったから、違和感があって受け入れられなかったのかも。
それでずっと触手が伸びず。そんなこんなでモタモタしてる内、チケットが完売、半分諦めてたが石井さん出演だし、やはり見たいな~とダメ元でチケット探したら、何とかゲット!神の導きだわ~と厚木まで行きました。

行って良かった!こんなにおもしろいと思わなかったよ。

私の席が地元っぽい人ばかりだったのですが、そういう人達が実に楽しそう。私みたいなひねくれたオタ客ではなく、普通のお客さんが楽しむって凄く大事。
しかもマイフェアの曲って一般的に知られてるし。ミュージカルで曲が知られてるって大きい。真央さんはやはりスターだし、衣装も華やかだし、この演目を全国ツアーにしたのは大正解!
みな楽しそうに手拍子してノリノリで、何か楽しかったしか感想が出ないよ。

カンパニーの雰囲気も凄く良さそうで。
今ちょっとだけ検索しましたら、とてもツアーの楽しげな様子が伝わってきました。

伊藤 佳奈子 ~to your Heart~

ツァーリング・バス(飛び出そうぜこの街を明日の朝早く)

パンフを見て記憶を辿った。どうやら前見たのは、平成2年の公演だったらしい。
映画版を見てたので、The Rain In Spainなどの発音の部分など、どういう風に処理するのだろう?と思ったが、今見ると、実に上手く処理しているな、という印象。そりゃ多少の違和感はあるけど、私はそれ以上に作品がおもしろいから許しちゃう。

難点を言えば一幕がやや長いこと。しかも会館のトイレ少なくて、トイレ難民が休憩中溢れていた。
休憩が予定より長かった気が?

真央さん、歌上手くなった気が。しかも美しい~。イライザはまり役すぎ。自分は一幕レッスン中のえんじの衣装がお気に入り。カワイイよ~。

意外にハマってたのが、石井さんのヒギンズ教授。映画のイメージが強くて、石井さんヒギンズ?だったが、偏執的で変わり者で頑固だけど、でも何か天然でカワイイ!私映画のヒギンズ大嫌いだったのに、カズヒギンズは大好きだ!これは石井さんのキャラクターが大きいかと。石井さん、コメディの舞台のが好きかも。こんなにハマるなら、もっと行けば良かったと後悔。また教授やって~。

ピカリング大佐の羽場さんもさすが。ミュー畑の人はやはり演技力はいまいちだから(失礼)、このポジションに演技派の方が来るとホッとする。なのでバランスが良い。パンフのコメントがお茶目で気に入った。

ヒギンズのママ、ピアス夫人(グイードのママだ!すみません、ナインオタです。)も素敵。

二幕、イライザが自立していく過程も、10代に見た時は理解できない部分が多かったが、今見ると納得。イライザの言い分がよく判るし、どうにも理解が出来ないヒギンズ教授がおかしいし、哀れ。
真央さんと石井さん、ナイスコンビだ。また二人で上演して欲しい。

ラスト「僕のスリッパはどこだい。」の台詞。10代の頃は「なんで???」でした。原作の『ピグマリオン』はイライザが去ると知り、納得いった。
石井さんは、あれ程イライザがいなくなってしょぼくれていたのに、照れ隠しのように帽子を被って、いつもの日常のように、その台詞を言う。そこが好きでした。

それにしても、石井さん、岡さん、かつてのマリウス&アンジョルラスコンビですが、歌は素晴らしいけど、芝居は…な二人でしたが、今期レミの岡さんといい、マイフェアの石井さんといい、実に芝居が良い。今後が益々楽しみです。

カーテンコールの拍手は鳴り止まず。真央さんがご挨拶。「2007年7月7日という記念すべき日に来てくれてありがとう」みたいな言葉からはじ

まず、100人以上の大所帯で、全国を回ったこと。カンパニーが家族みたいで、何度も結婚のお祝いをして貰い、このカンパニーからお嫁に行くみたいです(ここで涙ぐむ。)と。
笑っていいともに出演した時も、ツアーが楽しい、バス移動も楽しいと、何度もお話していたとか。凄く良い挨拶で、観客もたくさん幸せを頂きました。

あ、カーテンコールでしまる幕にしゃがこみんで手を振るカズさん、カワイカッタ!

« 6月の旅 | トップページ | 新潟 »

芝居・ミュージカル」カテゴリの記事

コメント

帝劇の2005年11月公演で観ました。演出が一新された時です。装置も抽象的になっていてすっきりしていて気に入りました。その時の感想をTBさせていただきましたm(_ _)m
真央さんの歌はずっとヴォイストレーニングされていた成果をこの公演で確認。以前は出にくかった高音域まで綺麗に出せるようになっていて、ストイックに努力されたことが結実されたようでぐっと見直した舞台です。だからそれ以降の紫式部とかも迷わずに一度は観るようにしています。
石井さんのヒギンズは成長したかな?きっとぐっと大人の男になってきたんじゃないかと推測しています。
>普通のお客さんが楽しむって凄く大事......その通り!全国ツアー公演にしたのは本当によかったですね。

こんばんは。ココログはメンテナンスだわ、我が家のネットワークは又しても不安定だわで、すっかりコメント返しが遅くなりごめんなさい。
真央さんはかつて他の舞台で見た時より、全然良くなっていて、あれだけベテランなのに、努力ほ怠らない姿勢が素晴らしいな、と感じました。
だからこそ、スター☆ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/7064761

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・フェア・レディ」:

» 05/11/27 東宝『マイ・フェア・レディ』、予想以上によかった [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
帝劇で千穐楽の前の晩に『マイ・フェア・レディ』を観劇。日本で初めて上演された海外ミュージカルで、大地真央イライザになってからも15周年ということだが、私は今回がまったくの初見。席は3階B席の最前列娘と観てきた。 ストーリーはよく知られた話だし、省略。 それにしても今回けっこう気にして観たのは、イライザの訛り。元々は「A」が「エイ」でなく「アイ」になってしまうというのと「H」が発音できないフランス人のような訛りという2点をチェック。今回の台本ではどのようにするのだろうと思って聴いていた。「H」は♪「あ... [続きを読む]

« 6月の旅 | トップページ | 新潟 »