リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 元・マリウスと、現・エポニーヌ | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 7/15 ソワレ 感想 1 »

2007 レ・ミゼラブル 7/14 マチネ 感想

結局三回目の禅マリ&歌穂エポです。そして大好きな別所バルジャン!

2007年7月14日(土)マチネ 帝国劇場 1階D列上手

バルジャン:別所哲也
ジャベール:阿部裕
エポニーヌ:島田歌穂
ファンティーヌ:山崎直子
コゼット:富田麻帆
マリウス:石川禅
テナルディエ:駒田一
テナルディエの妻:瀬戸内美八
アンジョルラス:東山義久

まず今回のごめんなさいは、何といっても東山アンジョルラスだ!いやー、凄い良かったよー!
私的に一番心を持ってかれるバリケードは、東山くんと別所バルジャンなんだな。もうバリケードの上と下にこの二人が佇んでいるだけで、グッときてしまう。理屈じゃない、心が動くのだ。
特にガブローシュ(今日は原田くん、良かったよー!)が死んで、盆が回った時のこの二人の姿、最高です。

私は所作が綺麗な役者さんが好きなので(特に1000人クラスの大劇場ではね。)、些細な仕草も美しいお二人(岡さんもだ)は大好きです。

9日見た時はさすがに東山アンジョ&禅マリの並びが厳しいかなと思ったが、今日は違和感なし。凄いぞ、二人。
っていうか、禅さん、更に若返ってません?人魚の肉でも差し入れられました?もう貴方にメロメロよ~。

禅マリと歌穂エポについては、良すぎて、良すぎて、出番全部良くて、何を好き好き言ったらいいか判らんです。
2幕始まったら、もう泣いている自分、でした。あの「危険だ、撃たれる。」や「心配してくれた。」のやり取りだけで、たまらんのですよ。

そんな感動しまくりの2幕でしたが、実は1幕は入り込めず苦労しました。囚人は良かったのですが、ファンティーヌ出てきた途端、椅子からずり落ちるかと思いました。いや、とんでもない破壊力。
実は私、SPキャスト除いて、ほぼシルビアさん。一回だけ渚さんでした。(ちなみにテナは駒田さん固定。)申し訳ありませんが、受け付けられないファンティーヌでした。ごめんなさい。

そして別所バルジャン、一番ファンティーヌとの関係性が強いバルジャンなので、ファンテ駄目だと、悪い意味の相乗効果でバルジャンも生きなくなるのですね。もちろん相手が誰だろうと良い芝居を見せるのは大切ですが、上にいる人を引き摺り下ろすくらいの勢いなんですもの、山崎ファンテ。

なのでファンティーヌ死んだら、途端に芝居に入り込めました。べっしーがリトルコゼットに優しくしているだけで、もうぐずぐず。ベガーズ以降もいつも通りのドキドキワクワクの観劇でした。

しかし何度見てもベガーズが始まると鳥肌がたつし、アンジョとマリウスの登場は、心が沸き立つ。レミゼって凄いなぁ。
バリケードは何度見ても新しい発見があるし。やはり砦の爺は、別所バルジャン最強です。

それと私は富田コゼット、結構好きです。特にエピローグの芝居は、泣けます。バルジャンパパを激ラブなコゼットなので、バルジャンファンとしては、とてもありがたいです。

私は今日が禅マリ&歌穂エポのラストです。ああ、もっと見たい。今週はお二人にメロメロでした。素敵にお芝居をありがとうございました。

« 元・マリウスと、現・エポニーヌ | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 7/15 ソワレ 感想 1 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/7147639

この記事へのトラックバック一覧です: 2007 レ・ミゼラブル 7/14 マチネ 感想:

« 元・マリウスと、現・エポニーヌ | トップページ | 2007 レ・ミゼラブル 7/15 ソワレ 感想 1 »