旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 名古屋から帰りました | トップページ | 『ウーマン・イン・ホワイト』製作発表 »

『獨道五十三驛』

私は猿之助十八番が大好きです。全部は見てないけれど、復活狂言としては、他の追従を許さない、脚本・構成力だと思います。
たがらこそ、もっと上演して欲しいし、澤瀉だけでは無く、歌舞伎界全体として取り上げて欲しいと思っているのですが、所詮は叶わぬ望みなのだろうな…。

『獨道五十三驛』はぜひとも再演して欲しい作品だった。弥次・喜多が狂言回しのように出てくるのもおもしろいし、何といっても化け猫の件。大詰めはこれでもか!と言わんばかりの早替わり。本当に楽しくて、大好きな演目です。

幕が開くと京都。右近さんがさすが言葉に違和感がありません。弥次・喜多は今回はその女房という設定で、笑三郎さん&春猿さん。いきなり凄いセンスの舞妓コスプレで爆笑。
序幕は京都から岡崎まで、実にテンポ良く進んでいく。物語の発端が、上手く織り込まれている。構成が素晴らしい。大体1時間半くらい、全く飽きない。

序幕の終わりは、いよいよ岡崎無量寺の場。おくらちゃんは、故・猿十郎さん、現・立師の猿四郎さんに続き、猿琉さん。いやー、台詞がしっかりしていて良かったです。
八犬伝や、お正月の国立の音羽屋さんでは、アクロバットで吹き替えを使っていたのですが、澤瀉版五十三驛は使わないのですよね。猿之助さんのこだわりかしら?

二幕以降は役者さんの力量で見せる部分が多く、猿之助さんだったらな、という思いは、申し訳無いけど消えません。
それでも芝居全体としては、とても良く出来ているし、名古屋でだけなんてもったいないです。おもしろかった!

ただ、私自身は不満の残る観劇にもなりました。
今回猿之助さん、玉三郎さんといった方がいない地方公演な為か、いまひとつ緊張感に欠ける。全体的にソツなく手順をこなしている印象で、かつて猿之助さんから受けた、熱さや、圧倒的なパワーといったものは、全く感じられなかった。

それと数人、どうにもやる気が無いように見える役者さん(友人から聞かれたのですが、ちらしに名前の載る方ではありませんので。特に右近さん、笑三郎さんは素晴らしかったです。)が目に入いり、一気に醒めました。
別にその方がやる気が無かろうが何だろうが、それは勝手ですが、そういう人が一門の中にいるのに、誰も注意しないっていうことがショックでした。芝居を作るカンパニーとして、それは終わっているでしょう。

また前日の15日に『レ・ミゼラブル』の、SP版の凄いのを見てしまったから余計…。例え芸暦は遥かに無くても、アンサンブルの一人たりとも、もの凄い真剣勝負を挑んだ舞台だったし、かつては澤瀉もそういう舞台を見せていただけに、現状が情けなかったです。
レミはまぁファンも舞台に対して厳しいからね。猿之助さんが倒れたことによる同情で、ファンも甘やかしてしまったのかな…。

今でも猿之助さんの過去創った芝居は大好きです。でも、遠征してまで見ないと思います。東京で上演していたら、一回くらいは行くとは思いますが。
もちろん芝居自体の出来は、全然悪くなかったですよ。私もそれなりには楽しかったし。ファンの方、こんな感想でごめんなさい。

« 名古屋から帰りました | トップページ | 『ウーマン・イン・ホワイト』製作発表 »

芝居・歌舞伎、古典等」カテゴリの記事

コメント

そうですね。わかります。
オモダカやさんは、やっぱりパワー。
ダイナミックに魅せるというのがテーマなのでしょうね。
それはそれで小細工がなくて新鮮な気もしますけれど、きっとそういうのも猿之助さんのキャラクターだったのかなと。
んー。

るるるさん、こんばんは。
『獨道五十三驛』は大好きな演目だし、凄く楽しみにしておりました。
でも舞台上から感じるパワーが、昔とは段違いで…。猿様が倒れた直後の舞台とかは、凄かったのですがねぇ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/6846649

この記事へのトラックバック一覧です: 『獨道五十三驛』:

« 名古屋から帰りました | トップページ | 『ウーマン・イン・ホワイト』製作発表 »