リンク

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 『絢爛とか爛漫とか』モボ版 | トップページ | 『絢爛とか爛漫とか』モガ版 »

『絢爛とか爛漫とか』その他雑記

最初の観劇速報でも書いたが、何といっても一番感動したのは、力のある戯曲に、真正面から演出・役者が挑んでいた所だ。
派手さは無いが、その真摯な芝居作りが私は好きでした。
客入りも、開幕当初はそれ程でも無かったという話も耳にしたが、私がみた千秋楽付近の三回は、毎回当日券を求めるお客さんがたくさんいた。

一度みて、また見たくなる。見た人の評判を聞いて、見てみたくなる。

そんな大勢のお客さんを、若い劇場スタッフの方が、頑張って劇場に誘導している。その姿にも好感。

それと衣装の違いが、モボ・モガでおもしろいと思った。

古賀……洋装と和装。洋装はシャツにベストといったもの。冬は羽織、袴。
文香……和装。春、秋とも明るい色の絣っぽい着物。冬はどっしりとした着物+羽織。

泉………お洒落なモダンボーイ
まや子…お洒落なモダンガール

諸岡……和装。袴。
薫………洋装。ワンビースにカーデガンとか、シャツとスカートとか簡単。

加藤……洋装と和装。夏は開襟シャツ。
すえ……和装。昔風な大柄で華やかに着物。夏は袴。袂が長い。

これで合ってるかな?モボは一回しか見てないから自信が無いな。
モボは和装と洋装、両方着ているが、モガは和装の人はずっと和装。これは暗転時の衣装変えの都合もあるかのも。

« 『絢爛とか爛漫とか』モボ版 | トップページ | 『絢爛とか爛漫とか』モガ版 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
「絢爛とか爛漫とか」の感想を探していて花梨さんのブログにたどり着きました。とても気に入って観て下さっていて、うれしくなってコメントさせていただきました(^-^)
私は土屋裕一さんのファンで観に行くことにしたのですが、脚本を読むという文字を追うだけでは感じない、強い気持ちの表現に圧倒されました。モガ版もとても楽しかったですね(^-^)
セットなどでの気に入った個所、モボ版とモガ版の違い等、楽しく読ませていただきました。
自分がいいと思えるお芝居に出会えるのは素敵ですよね。ありがとうございました(^-^)

あやねさん、こんばんは。コメント、ありがとうございます!
私も「絢爛とか爛漫とか」の感想を探していて、密かにあやねさんのブログを読んでました。

私は新感線ファンなので、中谷さとみちゃん目当てで、当初モガ版しか見ない予定でしたが、終演後「モボのチケットありませんか?」と受付に聞いてしまいました。
古賀役の土屋さん、とても良かったです。夏の苦悩の場面、秋のおきぬに縋ろうとする場面、見ていて辛くて、苦しくて、切なくなりました。

一回しか見られなかったのが、本当に残念です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/6530214

この記事へのトラックバック一覧です: 『絢爛とか爛漫とか』その他雑記:

« 『絢爛とか爛漫とか』モボ版 | トップページ | 『絢爛とか爛漫とか』モガ版 »