旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 本日は橋本じゅんday | トップページ | 「マクベス」07 感想1 »

『写楽考』

『写楽考』 
シアターコクーン D席上手側

作:矢代静一、構成・演出:鈴木勝秀

キャスト:
 あの男(伊之)・東洲斎写楽  堤真一
 重田幾五郎・十返舎一九   高橋克実
 北川勇助・喜多川歌麿    長塚圭史
 お加代・お春     キムラ緑子
 お米         七瀬なつみ
 蔦谷重三郎       西岡徳馬

 横笛   藤舎貴生/福原百七
 和太鼓   日野一輝

仕事で疲労している頭を、冒頭の和太鼓の響きが目覚めさせてくれました。
和太鼓と横笛、時折歌舞伎っとぽい演出も入る試みはおもしろかったし、内容もなかなか満足。
でも案外あっさりと終わってしまった印象…。

客席にはいのうえひでのりさんの姿。ヘドの時も見かけたし、ファンなので、遭遇すると嬉しい♪

元の戯曲も、以前上演した舞台も見ていないのですが、もっと人間の業や、写楽の業が前面に出てくる芝居じゃないのかな?
お加代の業は伝わってきたけど。
元の戯曲をカットしているようだが、最近のスズカツさんは、どうにも自分の解釈に頼りすぎている気が。

先日の『エンジェルス イン アメリカ』が、ストレートに戯曲を伝えてきた芝居で、非常に良かっただけに、余計に感じた。

前半の浮き草な伊之、からかわれても真っ直ぐに絵を極めようとする勇助、ここの対比は良かったし、何といってもお加代のキムラ緑子さんが素晴らしい。着物姿も色っぽい。

ただ二人の立場が逆転し、その後取り付かれたように絵を描く写楽と、狂気さえ宿す歌麿の件が弱い。
とはいえこの辺りは、西岡さんの蔦谷重三郎が圧巻。

写楽の死、その後の場面はいかにも歌舞伎っぽいのだが、どうにもとって付けたような演出。
とってつけたといえば、羽織畳んだり、帯結んだりが、かなりモタモタしていた。あと着物の着付けもいまいちな出演者が。
それなりのチケット代を取っているのだから、着物くらいちゃんと着こなして頂きたいです。

かつて大竹しのぶさんが着物の役を貰ったとき、家でもずっと着物を着ていたそうだ。

…決しておもしろくなかった訳ではないし、長きゃ長いで文句言ってたかも。でも後半がちっょと物足りなかったなぁ。元の戯曲に近い形での、上演が見てみたいです。

« 本日は橋本じゅんday | トップページ | 「マクベス」07 感想1 »

芝居・一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/6108250

この記事へのトラックバック一覧です: 『写楽考』:

« 本日は橋本じゅんday | トップページ | 「マクベス」07 感想1 »