旧ブログ

  • 酒と芝居と旅の日々(旧ブログ)

    http://karintheater.seesaa.net/

    旅行関係の記事と2005年7月~2006年12月までの旧記事はこちら

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« HEDWIG AND THE ANGRY INCH  二回目 | トップページ | ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』 その2 »

ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』 その1

当初アオドクロのゲキシネは行く予定は無かったけど、アカみた後の予告編で、急に見たくなって、日曜だというのに早起きして行きましたよ。ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』@新宿バルト9
今日はアオは多少残席ありました。ただ「SHIROH」は昼夜とも満席!「SHIROH」行こうと思っている方は、事前にチケット購入をお勧めします。本当に人気だ、ゲキシネ。

結果は映像で見たら案外おもしろかった。日生上演時は二回行きましたが、初日近辺に観劇した時、大変な怒り狂いで帰った記憶が…。
友人によると「あれじゃ、捨之介は自分のことしか愛してない、沙霧のことも全然大切にしてないじゃないか。あれじゃ皆が何のために髑髏城に乗り込むんだよ!」と言ってたらしい(苦笑)
その辺りDVD収録時までに、かなり改善されていてたのは良かった。
あと映像なので、池内くんの所作や殺陣の下手さが目立たないという利点も(済みません…、でも生で見ると凄まじかったんだよ)。

とはいえ97年度版をもう一度というコンセブトだったら、97年度版の方が全然纏まってておもしろい。曲も97年度版の方が好き。
新感線のサントラの中で、一番聴いたのは多分97年度版・髑髏城の七人。アオで同じ曲が使われていたのは嬉しかったけど。

ドクロイヤーの上演も、アカが春、アオが秋で、またアカの出来が素晴らしく良かったから、アオは色々不利だったと思うが、やはりアカドクロの方が全体のバランスが良く、話の骨格をしっかり描いてておもしろい。

そしてアオは最後まで忠馬と極楽の間に愛はうまれなかったな。

演出

うーん、お金かけて派手にしているけど、どうもコンセプトが無いというか。
無界屋の惨殺場面で血が飛ぶのが当時から好きじゃなかった。血は才蔵さんだけで良いと思う。

衣装もいまいち。小峰リリーさん、蜷川さんの衣装の時は良いけど、新感線とは相性悪いのかも。和ものがダメなのかな?和ティストが薄い、朧の森は比較的良かったし。

お笑い

劇団員や成志さんが中心でない場面では、どうにもしまらないから止めた方が良いと思う。(特に冒頭の捨・沙霧・狸穴二郎左衛門、髑髏党の皆さんの場面。アカもくだらないネタやってるのですがね。アカは佐藤さん、山本亨さんも上手いし。)
検討していたのはアツヒロくん。お笑い場面は彼でもっていた。

良かったな、と思う場面がことごとく改悪。

蘭の花…アカドクロで非常に効果的だった、水野蘭が手ら持った白い蘭の花。(DVD収録後の演出変更箇所)
特に好きだったのが、「捨之介、お前には判らぬよ」と言って、斬られた捨之介に花を投げる場面。
(あ、ここもアカの方が蘭VS捨の戦いが長い。池内くんの殺陣が下手すぎてカットになり、他の髑髏党が斬る事になったのか?)
変わりに牢にいる捨之介に、何故か蘭丸が会いに来て、花投げる場面が。この場面、何度見ても意味不明…。

花といえば、極楽が死んだ仲間の髪を供養すね場面、アオもりんどうだったのは嬉しかった。(アカはDVD収録後に、りんどうの花に変更してます。)

カンテツ…評判よかったですね、当時。ぶつぶつ言ってたのは私くらいだったのかも。
三宅さんは上手いし、おもしろいし、何より身体能力高すぎで、素晴らしかったと思います。
でも、でも、何で弟子?お前は何のために、捨之介を助けて、命を掛けて髑髏城へ行くのか?胸倉掴んで聞きたかったくらい。こちらも意味不明すぎです。
捨之介とも天魔王とも因縁のある、贋鉄齋が剣を打ち、命を掛けるのがキモだと思うのだが、違うのか?アオ、最大の改悪だと私は思ってます。

そして大不満だった、全く愛の無い忠馬と極楽。
長くなりそうなので、続く。結構おもしろかったと言ってる割には、文句多いな。

« HEDWIG AND THE ANGRY INCH  二回目 | トップページ | ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』 その2 »

芝居・新感線関連」カテゴリの記事

コメント

>お笑い  劇団員や成志さんが中心でない場面では、どうにもしまらないから止めた方が良いと思う。
なるほど~。冒頭のお笑いがひどくてもう冷めまくりでした。
「アオドクロ」観た時に買ってきた「レッツゴー!忍法貼」のDVDを娘と大笑いしながら観ておりました。こっちのお笑いは全く無問題。息があわないと全く面白くないですよね。冒頭の「大江戸捜査網」にも使われていた曲のパロディで主要人物の漫画イラストが流れるところから気に入りました。歌のパンフにもそのイラストがついていてgood!4時間もかかるらしいのでとりあえずDVD一枚目でとめておきました。
さて今日は一日ひきこもって中村錦之助襲名前の信二郎丈の芸談を聴く会のレポをアップしました。澤潟屋時代のお話もきけました。よかったらお目通しくださいませ(^O^)/

ぴかちゅうさん、こんばんは。
アオ冒頭のお笑い場面、97年もアカも似たようなことやっているのに、アオだけ何であんなにつまらないのでしょう?
髑髏党の方々、アオは演技がいまひとつだし、
私、個人的には染さんにはお笑いやって欲しくないのです。

レッツゴー、おもしろいですよね。
轟天2のオープニングも、アニメ使ってておもしろいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/5572299

この記事へのトラックバック一覧です: ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』 その1:

» 07/03/01 冗長だったゲキ×シネ「アオドクロ」 [ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記]
「髑髏城の七人」の3本め。2/22に新宿バルト9で「アカドクロ」を観た。面白かった。DVDも2/24に観た。そしてついに「アオドクロ」だ! 2/24「アカドクロ」VS「髑髏城の七人」97バージョンの記事はこちら 夜7:30から上映開始ということは「アカドクロ」より短いのかなぁと勝手に思い込んで行ったら、×。始まる前の染五郎の声のアナウンスに「アカドクロよりちょっとだけ長いけれど・・・�... [続きを読む]

« HEDWIG AND THE ANGRY INCH  二回目 | トップページ | ゲキ×シネ『髑髏城の七人~アオドクロ』 その2 »