リンク

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 5月の予定 | トップページ | 「スウィーニー・トッド」 »

『レ・ミゼラブル』 大楽 別所バルジャン編 2

ピアット(念のために中京TVの別所哲也氏のお料理番組)を見る。この番組を見ると、べっしーって左利きなんだな、と思い出す。
『風のハルカ』でも食事シーンは多々あるけれど、バルジャンを見ていると、左利きであることを忘れしまう。何気ない仕草など、絶対癖が出ると思うのだけど、余り気にならないということは意識的に左を使わないようにしているのかな…。

2005年『レ・ミゼラブル』感想続き。ちょっと危ない私見はいりまくりで、バルジャンとジャベール中心、その2です。

何か岡さんのジャベールを見ていると…バルジャンへの歪んだ愛情を感じてしまうのだけど…。
今期はあとカズジャンとの組み合わせしか見てないのですが、カズジャンとだと、ジャベールの切なさまでは伝わってこなかったのですが、何故べっしーバルとだと、ジャベールがとっても不憫に見えるのでしょう…?

「バリケードを築く」
いつもより良いな、と別所さんの演技で感じた場面のひとつ、マリウスの手紙を読む場面。全身全霊を傾けて愛した娘、バルジャンにとって自分の全てであるコゼットに、恋人がいた。そのショックと、自分が何をすべきかと、入り混じった複雑な感情が、あの短い時間に感じられた。

「バリケードでのジャベール」
相変わらず岡ジャベのときは、正体暴かれる場面の緊張感が凄い。楽は銃を取りかけていたように見えましたが、近くで見ていた方、どうでしょうか?

「最初の攻撃」
バルジャンが敵を狙撃したあと、アンジョルラスの背をぽんっとする仕草が好き。二人の間に信頼が築かれ、その後のアンジョの「貴方のした働き〜♪」に自然に繋がる。

その後のジャベールとの対決。大楽の舞台の中でも三本の指に入る見所だったと思います。
岡ジャベのナイフを自分につきつけ、「殺せ、今すぐ」が、今にもナイフを突き刺しかねない勢い。それを止める別所バルの手に、もの凄い力が入っているのが見える。余りの迫力に、怪我をするのではないのかと冷や冷やした。

今さんは割合とここはあっさり引き下がるのですよね。(綜馬さんは覚えていない…。)この場面の岡ジャベの、遣り切れない切なさが特に楽は強くて、もの凄い歪んだ愛情と思ってしまった…スミマセン。

その後別所バルジャン、ジャベールが縛られてた縄を拾い上げ、じっと見る。初日のみこの芝居はやっていたけど(縄が邪魔だった?)、この日はこの間合いがとても長かった。それが余計にジャベールとの関係を強調していたように思えた。

ところが同行者にあとで聞いたら、アッサリと「縄が引っかかっていたみたいで、別所さんがそれを外してた。」とのこと。しかもちょっと引っ張っただけでは外れなかった模様で、明らかにその後の舞台進行を考えて、外したのでしょう。
驚きました。これは後で聞いて、本当に驚きました。
この日の別所さんの入り込み方、そして直前の場面が、熱の入った対決の場面。にも関わらず冷静に、芝居の一環としてアクシデントを処理する。今まで別所さんの出演舞台で、目立たないアクシデントがあっても、実に上手く処理してしまう瞬間を何度か見ていましたが、この熱のこもった大楽でも、しっかりと周囲を見渡せる別所さん。
ネットを巡っていたら、岡田マリの登場場面の本・ちらし撒きのアクシデントも、本を蹴ってマリウスの方に集めやすくしたのは、駒田さんだったようですね。
二人とも素晴らしいです。

「共に飲もう」
縄片付けに手間取ったのか?、別所バル、マリウスに気付くところが、いつもより大人しめでした。
この後の場面、バルジャンは下手の後ろに下がりますが、目がずっとようやく見つけた、愛する娘の恋人をずっと追っている。この間にバルジャンの心はどう揺れ動いたのだろう…。

「彼を帰して」
19日、23日と別所さんのこの歌を聞いて、たまらなくなりましたが、大楽もやはり心に染み入りました。
歌の素晴らしさだったら、この日の岡ジャベの「Stars」ですが(鳥肌だった〜)、別所さんの「彼を帰して」は、しみじみと心情が心に伝わり、気が付くと涙を流していました。
いつもは最後天に祈るのですが、この日は天に祈り、その後がくりと肩をたれ、祈り続けました。

「第二の攻撃」
何度も書いてスミマセンが、ガブローシュの死の、東山アンジョの、砦で天を仰ぎ悲しみを堪える姿(盆がまわっている間だけ、しかも照明あたってない。)が、素晴らしいです。

「最後の戦い」
この場面、他のバルジャンの時はどうしてもアンジョルラスに目を奪われてしまうので、覚えていないのですが、別所さんのバルジャンは後ろの方で学生たちの肩を叩いたり、死を決意した学生たちを必死に止めようとしています。
爺さんがこんなに一生懸命なんだから、誰か言うこときいてあげて…。

あああ、まだ終わらない…。

« 5月の予定 | トップページ | 「スウィーニー・トッド」 »

芝居・レ・ミゼラブル関連」カテゴリの記事

コメント

あーん。ピアット見れていいなぁ。
わたしもこのままべっしー枯れ生活が続いたら、
BSデジタルチューナー買っちゃいそうだ(怖)。

楽の岡ジャベは銃取っちゃってましたね。
噂には聞いていたけど初めて見ました。

縄拾いやらカバンの紐ひっかかりやら、
この日生ではレアな場面を全部目撃できてシアワセ。
ま、9分の6でしたからね(笑)。

続きも楽しみにしてます。

うりちゃん、縄拾いやらカバンの紐ひっかかりのほかに、人形なかなか出ない@楽もあったわよ。ちなみに私は今期5別バルでした。

しかしこの大楽感想、何でこんな長くなったんだろう?頑張って連休中に仕上げます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/193925/4690395

この記事へのトラックバック一覧です: 『レ・ミゼラブル』 大楽 別所バルジャン編 2:

« 5月の予定 | トップページ | 「スウィーニー・トッド」 »