8月の美術展まとめ

インスタには簡単な感想を書いているが、BLOGはすっかりご無沙汰なので纏めてみました。

001_20190910232601  002

「2018年度収蔵 新収蔵品展 Part2 楊洲周延《時代かゞみ》全点展示」
城西大学水田美術館

大学の美術家で無料ですが、施設も充実。帰りに川越で下車し小江戸も楽しんだ。

「錦絵などでみる江戸東京の今昔展」
地下鉄博物館

03_20190910232601

「世界への誘い 妖怪・霊界・異国」
太田記念美術館

伊勢半本店 紅ミュージアム

05_20190910232601

「三原順カラー原画展 ~札幌からようこそ~」
米沢嘉博記念図書館

1日で上記4箇所、メトロの一日切符で回ってみた。ヘトヘトになった。
伊勢半本店 紅ミュージアム、数日後から改装で休館。
米沢嘉博記念図書館、同世代なら忘れられない三原順さんの「はみだしっ子」の原画の数々。
帰宅してから20年振りくらいに漫画読み返した。めちゃめちゅ面白かった。

「江戸のスポーツと東京オリンピック」
江戸東京博物館

06

「夏の企画展 浮世絵展 ~物語と風景とこわーい絵~」
田原市博物館

07_20190910232601

「水と共に生きる」
中山道広重美術館

田原~中山道は日帰り美術館旅行。JR東海ツアーズの1day豊橋が11400円なので急に行く事に。
田原市は城下町の趣きが素敵な街。美術館はお城の跡に。何と200円。
豊橋~恵那の移動はかなり時間的にも無謀だったが、金山間は土日の往復割引があり、予定より交通費が節約できた。
帰りの新幹線まで時間があったので、豊橋で市電乗ったり、一杯飲んだりぶらぶら。一人旅の醍醐味。

「今昔東海道ステヰシヨンPart1:東海道(蔦屋版東海道)」
静岡市東海道広重美術館

「浮世絵と御開帳 相模と江戸の往来」
藤澤浮世絵館

由比の東海道広重美術館。由比宿のあとにある素敵な空間。だが駅から25分歩くしかない。
平日はコミニティバスがあるので、その時間に合わせたが、まさかの東海道線遅延で改札潜っている目の前でバスは行ってしまった…。夏の25分は辛い。
帰りは辻堂で下車して大好きな藤澤浮世絵館。二代広重たくさん見られた。嬉しい。

「幽霊画展」
全生庵

「松方コレクション浮世絵版画展 第3期」
東京国立博物館

一度行ってみたかった谷中の全生庵。会期終わりの方だったので、結構混んでいた。
間近で幽霊画がたくさん見られる有り難み。
谷中から歩いてトーハク。鳥居派の役者が多いので嬉しい。

「新形三十六怪撰」他
群馬県立歴史博物館へ。

「江戸の遊び絵づくし」
高崎市タワー美術館

高崎の美術館ふたつ。歴史博物館、めちゃめちゃ広かった。テーマ展示の芳年の「新形三十六怪撰」、まとめて見られた。
高崎市タワー美術館、綺麗な施設だった。判じ絵難しい…。

「井上円了没後100年展」
中野歴史民俗資料館

8月最後。中野歴史民俗資料館も8月いっぱいで休館。

8月は全部で15箇所。
太田記念美術館、藤澤浮世絵館、米沢嘉博記念図書館は2回づつ行ったので、計18回の美術展訪問
暑い、暑いといいつつ、8月もよく歩いた。

2019年9月の予定

Asa02Asa01

 

BLOGを一ヵ月放置してました。
インスタでは簡単な感想書いているのですが、どうもサボってて駄目ですね。

9月観劇予定の芝居です。

『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』 世田谷パブリックシアター

『ペテン師と詐欺師』 新橋演舞場

『怪人と探偵』 KAAT神奈川芸術劇場

『桜姫~燃焦旋律隊殺於焼跡~』 吉祥寺シアター

他に歌舞伎座と南座の四谷怪談、松竹座の新派は検討中。
秋はスーパー歌舞伎、来年はアナスタシアがあるし、節制しないと。

映画「春画と日本人」も見なくては。

9月に見たい美術展は別記事参照。
8月鑑賞済の美術展も今回は別記事予定。

8月観劇済の芝居は以下の通り。
この中では新派がダントツに面白かったです。

『八月納涼歌舞伎』 第一部 歌舞伎座
『八月納涼歌舞伎』 第二部 歌舞伎座
『八月納涼歌舞伎』 第三部 歌舞伎座
『神の子どもたちはみな踊る』よみうり大手町ホール
八月新派公演『京都 都大路謎の花くらべ』新橋演舞場

8月は東京を離れて、美術館に行ったり温泉に行ったりした。

新潟・ロッテアライリゾート 2泊3日

田原~恵那日帰り旅

みなかみ温泉 1泊2日

新潟はあと一週間遅かったら、とんでもない暑さに遭遇する所でした。
田原~恵那は、美術館行ってぶらぶらした旅。楽しかった。
みなかみは宿が期待外れ。お湯は良かった。
猿ヶ京温泉のお湯も好きだったし、群馬の温泉と相性が良いのかも。

9月も温泉旅、ぶらり美術館旅は行く予定。
BLOGの更新も頑張ろう。

写真は千葉の佐倉にある国立歴史民俗博物館・くらしの植物苑で撮影した変化朝顔。

 

行きたい美術展まとめ(2019年9月)

Hiro01 

行きたい美術展まとめてみました。毎月恒例自分用備忘録。

今年のはじめいから突然自分の中ではじまった美術館ブーム、そろそろ落ち着いてきました。
9月からやや少なくなってる気が。

とはいえ地方の美術館行くの楽しいですね。都内と違ってゆったり見られるし、途中でお茶飲んで休憩しつつ、のんびり館内を歩き回るの、凄く楽しい。

終了順に並べました

もののけの夏 江戸文化の中の幽霊・妖怪
2019年07月30日~2019年09月08日
国立歴史民俗博物館

妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ
2019年07月06日~2019年09月23日
川崎市市民ミュージアム

松方コレクション浮世絵版画展 第3期
2019年08月27日~2019年09月23日
東京国立博物館

生誕250年記念 歌川豊国 写楽を超えた男
2019年09月03日~2019年09月29日
太田記念美術館

円山応挙から近代京都画壇へ
2019年08月03日~2019年09月29日
東京藝術大学大学美術館

特集展示 両国川開大花火の誕 戦前の隅田川花火
2019年06月15日~2019年09月29日
すみだ郷土文化資料館

浮世絵展~待乳山と隅田川
2019年9月14日~10月6日
待乳山本龍院信徒会館大広間特設会場および境内

浮世絵でよむ南総里見八犬伝
2019年09月17日~2019年10月12日
城西国際大学水田美術館

川瀬巴水展 東へ西へ(前期 東日本編)
2019年09月04日~2019年10月20日
茂木本家美術館

江の島を訪れたエトランジェ 描かれた異邦人
2019年09月07日~2019年10月27日
藤沢市藤澤浮世絵館

北斎没後170年記念 茂木本家美術館の北斎名品展
2019年09月10日~2019年11月04日
すみだ北斎美術館

病(やまい)退散 江戸の知恵と医術
2019年09月14日~2019年11月04日
石神井公園ふるさと文化館

江戸の遊び絵づくし
2019年09月07日~2019年11月04日
茅ヶ崎市美術館

☆遠方

特別展観「木曽海道六拾九次之内」
2019年8月22日~2019年9月23日
中山道広重美術館

レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON
2019年08月27日~2019年10月20日
細見美術館

由比本陣公園25周年記念 今昔東海道ステヰシヨン
2019年08月20日~2019年11月24日
静岡市東海道広重美術館

やはり並べるとかなり多い。9月中にどこまで行かれるか。
中山道は行きます。かなり強行軍ですが。

完全に自分の趣味でセレクトしてます。
もし参考にする場合は、情報は公式を確認して下さいね。

2019年8月の予定

08_2

暑いですね。ひたすら暑い。
芝居行くのも大変です。観劇ファンの方々も十分熱中症対策して、お出掛け下さいね。

7月は歌舞伎座夜の部、休演の日に当たってしまいました。

長い観劇人生、こういう事もあります。

日本は記録的な猛暑ですので、関係者の方々はリスク管理に力を入れて欲しい。
幾ら役者は体調管理も仕事といっても、今の天候では限界があると思う。

8月の観劇予定です。チケット確保済がとても少ない。

現在諸事情で芝居のチケットは余り増やさない予定。

『八月納涼歌舞伎』 第一部 歌舞伎座

『八月納涼歌舞伎』 第二部 歌舞伎座

『八月納涼歌舞伎』 第三部 歌舞伎座

『神の子どもたちはみな踊る』よみうり大手町ホール

イマシバシノアヤウサ『アイランド』八月新派は考え中。

8月に見たい美術展は別記事参照。

7月観劇済の芝居は以下の通り。
感想を牡丹燈籠しか書いていない…。『王様と私』、ホントに素晴らしかったです。

『七月大歌舞伎』 昼の部 歌舞伎座
『七月大歌舞伎』 夜の部 歌舞伎座
『エリザベート』 帝国劇場
『王様と私』 東急シアターオーブ
『けむりの軍団』 赤坂ACTシアター
『松竹大歌舞伎』 練馬文化センター
『怪談 牡丹燈籠』 三越劇場
松竹ブロードウェイシネマ『ロミオとジュリエット』

7月鑑賞済の美術展。先月も多いよ。

「印象派、記憶への旅」ポーラ美術館
「生誕125年記念 速水御舟」山種美術館
「浮世絵ガールズ・コレクション」國學院大學博物館
「青のある暮らし 着物・器・雑貨」太田記念美術館
「摩利と新吾 原画展」パンアートギャラリー
「諷刺画にみる幕末から明治の庶民」国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館
「近代日本の美人画展」講談社野間記念館
「物語と絵巻物」センチュリーミュージアム
「広重たちの情景 初代・二代・三代―江戸から明治へ―」藤澤浮世絵館
「松方コレクション浮世絵版画展 第2期」東京国立博物館
コラム展「錦絵新聞と明治の風俗」明治大学博物館
「妖怪出たっ」菱川師宣記念館

東京の講談社野間記念館、千葉の菱川師宣記念館は暫く休館とのこと。

良い美術館だったので、再スタートを楽しみにしてます。

行きたい美術展まとめ(2019年8月)

08_1

行きたい美術展まとめてみました。毎月恒例自分用備忘録。
夏はやはり妖怪、幽霊画の特集が多いですね。

太田美術館は早速行って来たのですが、9、10、11月と「秋の歌川派フェスタ -豊国から国芳、芳年へ」と歌川派の連続特集とのこと。国立劇場とのタイアップ企画もあるので、歌舞伎好き必見です。

終了順に並べました。

錦絵などでみる江戸東京の今昔展
2019年06月11日~2019年08月04日
地下鉄博物館

江戸のスポーツと東京オリンピック
2019年07月06日~2019年08月25日
江戸東京博物館

松方コレクション浮世絵版画展 第3期
2019年07月30日~2019年08月25日
東京国立博物館

異世界への誘い —妖怪・霊界・異国
2019年08月02日~2019年08月28日
太田記念美術館

井上円了没後100年展
2019年07月23日~2019年08月31日
中野歴史民俗資料館

幽霊画展
2019年08月01日~2019年08月31日
全生庵

浮世絵と御開帳 相模と江戸の往来
2019年07月23日~2019年09月01日
藤澤浮世絵館

妖怪/ヒト ファンタジーからリアルへ
2019年07月06日~2019年09月23日
川崎市市民ミュージアム

アンティーク着物万華鏡 大正~昭和の乙女に学ぶ着こなし?
2019年07月05日~2019年09月29日
弥生美術館

円山応挙から近代京都画壇へ
2019年08月03日~2019年09月29日
東京藝術大学大学美術館

☆遠方

2018年度収蔵 新収蔵品展 Part2 楊洲周延《時代かゞみ》全点展示
2019年6月11日~2019年~8月3日
城西大学水田美術館

浮世絵に見る意匠(デザイン)の世界
2019年06月11日~2019年08月18日
静岡市東海道広重美術館

水と共に生きる
2019年7月19日~2019年8月18日
中山道広重美術館

平木コレクション 木版画で旅するにっぽんの風景
 ―吉田博と川瀬巴水を中心に―
2019年7月13日~2019年9月8日
小杉放菴記念日光美術館

夏の企画展 浮世絵展 ~物語と風景とこわーい絵~
2019年7月20日~2019年9月8日
田原市博物館

もののけの夏―江戸文化の中の幽霊・妖怪―
伝統の朝顔
2019年7月30日~2019年9月8日
国立歴史民俗博物館

特別展観「木曽海道六拾九次之内」
2019年8月22日~2019年9月23日
中山道広重美術館

並べたら遠方の方が生きたい美術展が多い。
田原市博物館に行ってみたいが、ちょっと遠いかな。

完全に自分の趣味でセレクトしてます。
もし参考にする場合は、情報は公式を確認して下さいね。

 

2019.7.31の雑記(情報解禁!)

A

ブロードウェイミュージカル『アナスタシア』に山本耕史くん出演!

ミュージカル「アナスタシア」 <オフィシャルHP>

ようやく舞台の情報、そして歌が聞ける。めちゃめちゃ嬉しいー。

映像も良いけど、舞台が見たいのよ。

『アナスタシア』、他のキャストも良さげだし、今からキャストスケジュール見てにやにやしてます。

あーホント楽しみ。出来ればその前にも舞台をひとつ…。

ドラマ「夢食堂の料理人」

スペシャルドラマ「夢食堂の料理人~1964東京オリンピック選手村物語~」

猿之助さん出演ドラマ。本放送も全く見ておらず、偶然再放送を見た。
見始めたら止まらなくなって、最後まで鑑賞。
良いドラマだった。

全国から集められた料理人たちが、東京オリンピックの選手村で働く姿を描いたドラマ。

主人公の料理人は高良健吾さん。
以前舞台で見て、芝居に惹きつけられた俳優さん。

世界中からやって来る選手たちとの様々な交流。
悩みながらも、選手の力になりたいという若き料理人たち。
猿之助さんは料理長という立場で、彼らにちょっとしたアドバイスをしたり、良い味を出している。

食事が受け付けられなくなり、故郷の料理が食べたいという、初参加のチャドという国の陸上選手。

自分も一度海外旅行で体調を崩し、現地の料理が何も食べられなくなったので(オリンピック選手の受けるプレッシャーとは比べ物にならないが)、食べなれた料理を欲する気持ちはよく判った。

日本人ならお握りと味噌汁かな。

脚本も役者さんもみな良かった。

普通の人間の、精一杯の頑張りは素敵だ。

『怪談 牡丹燈籠』

B 藤間勘十郎  文芸シリーズ  其の四
『怪談 牡丹燈籠』 三越劇場

作 三遊亭円朝   
上演台本・演出 藤間勘十郎   
出演 北村有起哉、北翔海莉、三林京子、舞羽美海、市瀬秀和 他


『怪談 牡丹灯籠』観劇。
正直期待ほどでは…という芝居で残念。

『牡丹灯籠』は様々な人間の因縁が絡み合い、複数の話が複雑に進んでいく。

「お露新三郎」「お峰伴蔵」「お国源次郎」の三組の男女。
そして主人の仇討を孝介。

初見だと頭の中で整理するのが大変なのだが、その筋立ては判り易かった。

人間の業を凝縮したような伴蔵お峰の物語は面白い。
北翔海莉さんのお峰が良い。

だかどうも演出に感心しない。
歌舞伎風の演出を所々取り入れている。
だんまりや夏祭り風の殺しの場面など。歌舞伎の手法を使った演出を、歌舞伎以外の舞台で行うのはとても難しい。

有起哉くんの伴蔵ももう少し魅せてくれるかと思ったが。

とはいえ『牡丹灯籠』という物語は、改めて非常に面白いと再認識した。

最近見た中で面白かったのは、2017年に上演されたオフィスコットーネ版。森新太郎さんの演出。
まさに暗闇の中に人間の業が浮かび上がる舞台だった。

調べたら10月にBSプレミアムで『令和元年版 怪談牡丹燈籠』というドラマがあるらしい。
伴蔵が段田安則さん!2009年のいのうえひでのりさん演出版の時の伴蔵が、抜群だったので凄い楽しみ。

«2019.7.21の雑記(大叔母)

リンク

無料ブログはココログ
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30